NESTE、CHIMEI、三菱商事、出光興産、バイオマスプラスチックのサプライチェーンを構築

10月3日、フィンランド石油化学大手NESTE、化学大手台湾のCHIMEI、三菱商事、出光興産の4社はバイオマスナフサを原料としたバイオマスプラスチックのサプライチェーンを構築し、バイオマスナフサ由来のスチレンモノマーを製造、バイオマスSMを原料としたアクリロニトリルブタジエンスチレン等のバイオマスプラスチックを製造することに合意した。バイオマスSM及びバイオマスプラスチックの製造開始は、2023年前半の予定である。

NESTEはプラスチック向け再生可能原料では世界最大級の生産規模を誇り、日本最大のSMメーカーである出光興産にバイオマスナフサを供給する。同社は製造するバイオマスナフサは、再生可能なバイオマス由来の原材料から製造されていることから、石油由来のナフサと比べてGHG排出を抑制することが可能である。

4社は、今回の新たに構築するサプライチェーンを通してプラスチック産業のGHG削減目標に貢献していく基本方針について合意し、4社の連携によって低・脱炭素社会の早期実現に貢献していくという。

【参照ページ】
NESTE、出光興産、奇美実業および三菱商事によるバイオマスプラスチックのサプライチェーン構築を実現

関連記事

SmartESGへのリンク

ピックアップ記事

  1. SEC、ゴールドマン・サックス証券をESG投資方針に従わないとして起訴

    2022-11-24

    SEC、ゴールドマン・サックス証券をESG投資方針に従わないとして起訴

    11月22日、米国証券取引委員会(SEC)は、ゴールドマン・サックスの資産運用部門が、一部のESG…
  2. スイス、上場企業・銀行に対する気候変動報告義務化法を採択

    2022-11-24

    スイス、上場企業・銀行に対する気候変動報告義務化法を採択

    11月23日、スイス政府の連邦評議会で新たな法律が可決され、スイスの大企業および金融機関は、気候関…
  3. 米国労働省、退職年金制度における気候変動・ESG投資を認める

    2022-11-24

    米国労働省、退職年金制度における気候変動・ESG投資を認める

    11月22日、米国労働省(DOL)は、民間雇用者主催の退職年金制度(ERISA)において気候・ES…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る