シンガポール通貨監督庁(MAS)、グリーンファイナンス拡大に向けたESG投資の情報開示基準を公表

9月8日、シンガポール通貨監督庁(MAS)のラヴィ・メノン長官は基調講演において、グリーンファイナンス拡大に向けたESG投資における情報開示基準の導入を明らかにした。

同長官は、グリーンファイナンス拡大への課題として「データ(Data)」「定義(Definition)」「情報開示(Disclosure)」の3つの「D」を挙げた。またデータに関しては将来の削減目標も重要であると延べ、定義に関してはASEANタクソノミーをASEAN諸国と開発することを表明した。

今回発表した情報開示基準は主にリテールファンド向けであり、銘柄選定基準や投資プロセス、ESG戦略に関するリスクや制約等の情報開示も盛り込む。

また10月よりMASは「サステナビリティ・グループ」を創設する。最高サステナビリティ責任者(CSO)のもと、サステナブルファイナンス政策を強力に推し進めるねらいだ。

【参照ページ】
(原文)“What We Need to Do to Make Green Finance Work” – Keynote Speech by Mr Ravi Menon, Managing Director, Monetary Authority of Singapore, at Financial Times Investing for Good Asia Digital Conference on 8 September 2021
(日本語訳)“グリーンファイナンスを機能させるために必要なこと” – 2021年9月8日に開催されたFinancial Times Investing for Good Asia Digital Conferenceでのラビ・メノン氏(シンガポール金融庁長官)による基調講演

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-8

    IBM、ESGデータプラットフォームにCSRD対応機能を追加

    4月30日、IBMは、ESGデータの収集、分析、報告プ​​ラットフォーム「IBM Envizi」の…
  2. 2024-5-8

    IFRS、EFRAG、ISSB/CSRD報告基準に双方に対応する企業向けガイダンスを発行

    5月2日、IFRS財団と欧州財務報告諮問グループ(EFRAG)は、ESRS-ISSB基準の相互に共…
  3. 2024-5-7

    CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    CSRD(Corporate Sustainability Reporting Directive…
ページ上部へ戻る