Climate Bonds、日本の移行資金調達のための政策ガイダンスを発表

Climate Bonds、日本の移行資金調達のための政策ガイダンスを発表

10月2日、Climate Bondsは、画期的なペーパー「日本」を発表した。本報告書では、パリ条約の目標達成に向けた日本のコミットメントを探る。本報告書では、パリ協定を実現するための日本のコミットメントを探求し、日本のネット・ゼロの未来への移行に向けた政策ガイダンスを提供する。

本報告書は、以下の「1.5℃に沿った移行を確実にするための7つの提言」を発表した。

  • エネルギー効率、グリッドの柔軟性、再生可能エネルギーなど、成熟した技術を優先
  • 停止していない石炭の段階的廃止年を設定
  • 化石ガスへの投資に明確な制限を設定
  • 水素とアンモニアの要件を強化し、低炭素であることを保証
  • 強力かつ適切な炭素価格を確保
  • 民間部門に対する移行計画要件を強化・拡大
  • 大胆かつ厳格に1.5℃に沿ったソブリンGX債で投資家の信頼を構築

Climate Bondsは、日本政府が、GX基本方針の移行目標を実現するために150兆円の資金を動員する手段として、20兆円のGX債発行を計画していることを評価した。一方で、世界的なモデルとの矛盾を指摘し、国際的な信頼性を欠如する危険性についても言及した。

【参照ページ】
(原文)Climate Bonds Releases Policy Guidance for Financing Japan’s Transition
(日本語参考訳)Climate Bonds、日本の移行資金調達のための政策ガイダンスを発表

関連記事

⾮財務情報を企業価値として評価する取り組み事例集へのリンク

ピックアップ記事

  1. ウォルマート、サプライチェーン排出量10億トン削減目標を2030年目標より6年前倒しで達成

    2024-2-28

    Walmart、サプライチェーン排出量10億トン削減目標を2030年目標より6年前倒しで達成

    2月21日、小売大手のWalmartは、製品サプライチェーン全体で温室効果ガス排出量を10億トン削…
  2. クリーンエネルギー・プロバイダーGeoPura、グリーン水素の普及加速のため約100億円を調達

    2024-2-28

    GeoPura、グリーン水素の普及加速のため約100億円を調達

    2月22日、クリーンエネルギー・プロバイダーのGeoPuraは、同社の発電技術の生産拡大と展開拡大…
  3. SIX、銀行が中小企業のサステナビリティを評価できるソリューションを発表

    2024-2-28

    SIX、銀行が中小企業のサステナビリティを評価できるソリューションを発表

    2月22日、金融市場インフラのプロバイダーであるSIXとサステナビリティ・レポーティング・ソフトウ…

アーカイブ

ページ上部へ戻る