Climate Bonds、日本の移行資金調達のための政策ガイダンスを発表

Climate Bonds、日本の移行資金調達のための政策ガイダンスを発表

10月2日、Climate Bondsは、画期的なペーパー「日本」を発表した。本報告書では、パリ条約の目標達成に向けた日本のコミットメントを探る。本報告書では、パリ協定を実現するための日本のコミットメントを探求し、日本のネット・ゼロの未来への移行に向けた政策ガイダンスを提供する。

本報告書は、以下の「1.5℃に沿った移行を確実にするための7つの提言」を発表した。

  • エネルギー効率、グリッドの柔軟性、再生可能エネルギーなど、成熟した技術を優先
  • 停止していない石炭の段階的廃止年を設定
  • 化石ガスへの投資に明確な制限を設定
  • 水素とアンモニアの要件を強化し、低炭素であることを保証
  • 強力かつ適切な炭素価格を確保
  • 民間部門に対する移行計画要件を強化・拡大
  • 大胆かつ厳格に1.5℃に沿ったソブリンGX債で投資家の信頼を構築

Climate Bondsは、日本政府が、GX基本方針の移行目標を実現するために150兆円の資金を動員する手段として、20兆円のGX債発行を計画していることを評価した。一方で、世界的なモデルとの矛盾を指摘し、国際的な信頼性を欠如する危険性についても言及した。

【参照ページ】
(原文)Climate Bonds Releases Policy Guidance for Financing Japan’s Transition
(日本語参考訳)Climate Bonds、日本の移行資金調達のための政策ガイダンスを発表

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-12

    欧州監督機構、グリーンウォッシングに関する最終報告書を発表

    6月4日、ESMA(欧州証券市場監督機構)EBA(欧州銀行機構)・EIOPA(欧州保険・企業年金監…
  2. 2024-6-11

    H&M、SBTiの目標基準におけるカーボンオフセットの使用に懸念を表明

    6月5日、H&Mグループは、SBTi(Science Based Targets init…
  3. 2024-6-10

    アサヒ飲料、自動販売機で回収したCO2を道路材料に活用開始

    5月24日、アサヒ飲料は、前田道路株式会社と共同で、「CO2を食べる自販機(自動販売機の庫内に二酸…
ページ上部へ戻る