国総研、インフラ分野のGHG排出量算定マニュアル案を公表

6月6日、国総研(国土技術政策総合研究所)は、インフラ分野における温室効果ガス(GHG)排出削減効果を定量的に評価するため、「インフラ分野における建設時のGHG排出量算定マニュアル案」を作成し、公表した。

2050年カーボンニュートラルを目指し、インフラ分野ではグリーントランスフォーメーション(GX)に取り組んでいる。しかし、建設工事に関する技術や工法によるGHG排出削減効果の評価手法は統一されておらず、適切な評価基準が不足していることが課題となっていた。

国総研が作成した「インフラ分野における建設時のGHG排出量算定マニュアル案」は、施工段階で発生するGHG排出量及び脱炭素技術によるGHG排出量削減の算定方法について統一的な考え方を示している。これにより、建設現場での脱炭素技術の効果を定量的かつ一貫して評価することが可能となる。

今後は、本マニュアルの試行及び排出原単位のデータベースの整備を進めることで、脱炭素技術による効果が適切に評価される仕組みを構築していく。これにより、建設施工における脱炭素化が一層促進されることが期待される。

また、原単位とは、材料等の単位当たり温室効果ガス排出量を指している。本マニュアルでは、この排出原単位のデータベースも整備し、脱炭素技術の評価に役立てることを目指している。

国総研の取り組みは、建設業界全体の脱炭素化を進める上で重要なステップとなり、2050年のカーボンニュートラル実現に向けた大きな一歩となる。

【参照ページ】
「インフラ分野における建設時のGHG排出量算定マニュアル案」を作成しました

関連記事

“ホワイトペーパーへのリンク"

おすすめ記事

  1. ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…
  2. CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    2024-5-7

    CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    CSRD(Corporate Sustainability Reporting Directive…
  3. ESG投資とは。改めて考える重要性とESG経営のメリット・今後の課題

    2024-4-30

    ESG投資とは。改めて考える重要性とESG経営のメリット・今後の課題

    ESG投資の流れは国内外において拡大を続けている分野であり、注目を集めている。投資家のニーズに応え…

ピックアップ記事

  1. 2024-7-23

    シェルパ、東洋経済新報社とシステム連携契約を締結

    7月23日、シェルパ・アンド・カンパニー株式会社が開発・提供する企業向けESG情報開示支援クラウド…
  2. 2024-7-17

    GRI、新たにCSRD/ESRS開示のためのサポートサービスをリリース

    7月10日、GRI(Global Reporting Initiative)は、新しいGRI-ES…
  3. 2024-7-17

    JCI、1.5℃目標に整合する2035年目標を政府に求める。216団体が賛同

    7月8日、気候変動イニシアティブ(JCI)は、「1.5度目標と整合する野心的な2035年目標を日本…
ページ上部へ戻る