東京ガス、浮体式洋上風力の量産化手法の検証成功

東京ガス、浮体式洋上風力の量産化手法の検証成功

1月26日、東京ガスは、浮体式洋上風力における浮体基礎の製造工程における量産化手法の検証試験を実施し、その妥当性を確認したと発表した。この試験結果は、浮体式洋上風力発電建設のコスト削減につながる見通しを提供する。

同プロジェクトは、新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)が助成する「グリーンイノベーション基金事業/洋上風力発電の低コスト化プロジェクト」の一環として推進されている。

検証では、15MWクラスの大型風力発電機を想定し、日本の厳しい気象・海象条件に対応した浮体式基礎の開発が進められた。同時に、米プリンシプル・パワーが開発・保有するウインドフロート技術を活用し、浮体式基礎の連続製造に適した量産化手法の確立や、鋼製係留索と合繊繊維係留索を組み合わせた浮体式基礎のハイブリッド係留索の開発、低コスト化施工技術の開発も行われた。

これまで国内で生産されてきた浮体式基礎は、主に製造から最終組立まで造船所ドックで一貫して行われていたが、今後の量産を見越し、造船所ドックの不足が課題となっていた。そのため、本プロジェクトでは浮体式基礎を各ブロックに分割して設計し、各製造会社でブロック化した基礎を製造し、その後、ブロックを組立拠点に集約して組み立てる手法が採用された。

東京ガスは、グループ経営ビジョン「Compass2030」の中で、2030年までに国内および海外での再生可能エネルギー電源取扱量を6GWに増やすことを目指している。このプロジェクトはその一環として、再生可能エネルギーの普及と持続可能なエネルギー供給に向けた貢献を目指している。

【参照ページ】
洋上風力の低コスト化にむけた量産化の研究開発における浮体式基礎の量産化手法の検証完了について

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  2. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…
  3. 2024-3-26

    【さくっと読める】ESGスコアとは。基本的知識を解説。

    今月から、サスティナビリティ情報開示で関心の高いテーマについて、さくっと読める解説コラムを発行して…

ピックアップ記事

  1. KKR、米国の再生可能エネルギー開発企業Avantusの過半数株式を取得

    2024-4-5

    KKR、米国の再生可能エネルギー開発企業Avantusの過半数株式を取得

    3月21日、代替資産およびプライベート・エクイティ投資家であるKKRは、米国の太陽光発電および蓄電…
  2. 2024-4-5

    経産省・国交省、秋田県八峰町及び能代市沖における洋上風力発電事業者を選定

    3月22日、経済産業省及び国土交通省は、再エネ海域利用法に基づく海洋再生可能エネルギー発電設備整備…
  3. 2024-4-5

    日産、2030年度までにEVコスト30%削減。ICE車と同等のコスト実現を目指す

    3月25日、日産自動車は、自社の価値と競争力を向上させる新たな経営計画「The Arc」を発表した…

アーカイブ

ページ上部へ戻る