クローガー、生鮮食品サプライヤーに対する新たな生物多様性目標を発表

1月26日、米小売大手のクローガーは、生鮮食品サプライヤーに対する新たな生物多様性目標を発表した。これにより、中規模から大規模の青果生産者は2028年末までに、小規模の青果生産者は2030年までに、同社に供給する全ての青果で総合的病害虫・雑草管理(IPM)を実施することが義務付けられる。

この目標設定にあたり、クローガーはIPM協会の北米支部「サステナブル・フード・グループ」と協力し、目標とロードマップを策定した。ベストプラクティスの参考やサプライヤーへのインタビューを通じて、目標のインパクトと達成可能性も確認された。

青果生産者は、以下のいずれかの認証を取得することで、IPM実施が認められる。

  • Bee Better
  • Biodynamic
  • Certified Sustainably Grown
  • Equitable Food Initiative
  • フェアトレード・インターナショナル
  • フェアトレードUSA
  • GLOBAL G.A.P.
  • LEAF MARQUE
  • MPS-ABC
  • レインフォレスト・アライアンス
  • Regenerative Organic
  • Sustainable Food Group Sustainability Standard
  • USDAオーガニック、またはそれに準ずる国際規格

クローガーは、持続可能な農業、生物多様性、自然保全に対する取り組みを強化すると強調した。持続可能なフードシステムの実現に向け、生物多様性リスクアセスメントの実施や、連作作物や特殊作物のサプライヤーとの生物多様性評価指標の導入、サプライチェーン内での気候リスクアセスメントの実施など、さまざまな取り組みを進めている。

【参照ページ】
(原文)Kroger Unveils New Produce Supplier Biodiversity Goal

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  2. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…
  3. 2024-3-26

    【さくっと読める】ESGスコアとは。基本的知識を解説。

    今月から、サスティナビリティ情報開示で関心の高いテーマについて、さくっと読める解説コラムを発行して…

ピックアップ記事

  1. KKR、米国の再生可能エネルギー開発企業Avantusの過半数株式を取得

    2024-4-5

    KKR、米国の再生可能エネルギー開発企業Avantusの過半数株式を取得

    3月21日、代替資産およびプライベート・エクイティ投資家であるKKRは、米国の太陽光発電および蓄電…
  2. 2024-4-5

    経産省・国交省、秋田県八峰町及び能代市沖における洋上風力発電事業者を選定

    3月22日、経済産業省及び国土交通省は、再エネ海域利用法に基づく海洋再生可能エネルギー発電設備整備…
  3. 2024-4-5

    日産、2030年度までにEVコスト30%削減。ICE車と同等のコスト実現を目指す

    3月25日、日産自動車は、自社の価値と競争力を向上させる新たな経営計画「The Arc」を発表した…

アーカイブ

ページ上部へ戻る