日産、英国で新型EV生産を発表、サンダーランドを「EV36Zero」ハブに拡大

11月24日、日産自動車は、英国で製造される新型EVの第2弾と第3弾を発表し、革新的なハブ「EV36Zero」を拡大する計画を明らかにした。

サンダーランドの「EV36Zero」プロジェクトには、3つのEVモデルと3つのギガファクトリーが含まれ、最大30億ポンド(約5,435億円)の投資で構成される。これにより、日産は英国従業員7,000名とサプライチェーンの30,000名の人々に貢献し、サンダーランドをEV生産の中心とする革新的な拠点に育て上げる。

新型EVの製造は「EV36Zero」のマイクログリッドによって電力が賄われ、風力発電と太陽光発電の設備を統合して100%再生可能な電力を供給する予定である。

本計画には、日産が2030年までに欧州に投入する新型車はすべてEVにするという最近の発表に続くものであり、「Nissan Ambition 2030」のビジョンに基づいている。英国の首相は、日産の投資が英国の自動車産業に対する大きな信頼を示すものであり、サンダーランドが将来のEV技術革新の中心としての地位を確保することを期待しているとコメントした。

3つの新型EVには、将来の「キャシュカイ」と「ジューク」のEVモデルが含まれ、さらには「日産リーフ」の次期型も英国で生産される予定である。これにより、日産は欧州におけるEVの完全な普及を目指している。

新型モデルは「EV36Zero」プロジェクトの一環として、サンダーランドの生産施設を革新し、世界初のEV生産エコシステムを構築する。これには、ギガファクトリーの増設やインフラプロジェクトへの最大20億ポンドの投資が含まれる。日産のビジョンは、2050年までにクルマのライフサイクル全体でカーボンニュートラルを実現することだ。

【参照ページ】
日産、欧州におけるEV化を加速

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  2. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…
  3. 2024-3-26

    【さくっと読める】ESGスコアとは。基本的知識を解説。

    今月から、サスティナビリティ情報開示で関心の高いテーマについて、さくっと読める解説コラムを発行して…

ピックアップ記事

  1. 2024-4-12

    BCG支援のVC、Bキャピタル、気候変動プラットフォームのリードへ向け新たな幹部を発表

    4月8日、マルチステージのベンチャー投資会社であるBキャピタルは、気候変動投資プラットフォームの拡…
  2. 日本、IFRSベースのサステナビリティ報告基準案を公表

    2024-4-11

    SSBJ(サステナビリティ基準委員会)、IFRSベースのサステナビリティ報告基準案を公表

    4月3日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)は、IFRS財団の国際サステナビリティ基準委員会(…
  3. 2024-4-11

    ブラックロック、ESG政策を理由に1.3兆円の資産売却を決定したテキサス州を「無謀」とし、再考を促す

    3月21日、ブラックロックは、テキサス州教育委員会がエネルギー企業への「ボイコット」とESG投資慣…

アーカイブ

ページ上部へ戻る