経産省、AI開発のため5社に最大725億円の助成

4月19日、経済産業省はAIの開発に必要な計算資源の整備に係る取組に対し、5社合計で最大725億円の助成を行うことを決定した。

この支援は経済安産保障推進法に基づき、クラウドプログラムを特定重要物資に指定し、安定供給確保に向け、特に生成AIについて幅広い開発者が利用できる計算資源の国内への整備に関する計画を認定し、国として支援を決めたことによるものである。

当政策の背景として、社会のデジタル化に伴い、クラウドサービスが不可欠なものとなる中、現在基盤クラウドサービスの国内市場においては海外シェアが7割を占めている状態が挙げられる。重要情報を扱うシステムも含め、完全に他国に依存することになることを鑑み、支援が決定された。

また、生成AIについても産業活動・国民生活に大きなインパクトを与えるものであるが、海外シェアが高い現状がある。当政策により、生成AIの計算資源を国内に確保することで、日本における開発基盤の構築・サービス提供体制の強靭化を図ることを目指す。

【参照ページ】
(原文)経済安全保障推進法に基づくクラウドプログラムの安定供給確保に係る供給確保計画の認定等について

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-12

    欧州監督機構、グリーンウォッシングに関する最終報告書を発表

    6月4日、ESMA(欧州証券市場監督機構)EBA(欧州銀行機構)・EIOPA(欧州保険・企業年金監…
  2. 2024-6-11

    H&M、SBTiの目標基準におけるカーボンオフセットの使用に懸念を表明

    6月5日、H&Mグループは、SBTi(Science Based Targets init…
  3. 2024-6-10

    アサヒ飲料、自動販売機で回収したCO2を道路材料に活用開始

    5月24日、アサヒ飲料は、前田道路株式会社と共同で、「CO2を食べる自販機(自動販売機の庫内に二酸…
ページ上部へ戻る