農林水産省、農業系カーボンクレジットの国内外の情報を整理

農林水産省は4月17日、日本での農業分野におけるカーボン・クレジットの取り組み推進に関わる調査結果を報告した。

当調査結果は、農業分野における各カーボン・クレジット制度の比較や関係企業へのヒアリング、今後の検討の方向性等に関して、有識者や民間企業との意見交換も踏まえてとりまとめたものである。

まず、国内外のカーボン・クレジット制度について国際的枠組みとの関係を紹介するとともに、国内外における主なカーボン・クレジット制度の概要や取引量についてもそれぞれ紹介している。

また、国内外のカーボン・クレジット制度について認証プロセス・費用・対象活動・プロジェクト実施者の裁量について主に比較を行っている。

さらに、カーボン・クレジットに関する需要側のニーズについてもまとめている。クレジット購入企業15社にヒアリング調査を実施し、得られた情報を企業規模やカーボン・クレジットの用途により分類して整理している。

今後の検討の方向性として、取引活性化・既存制度間の調整・クレジットの質の向上・認証プロセスの円滑化・コベネフィットについての情報発信・農業の価値の向上・複数の農業者が参加する取組の組織化を進めることが示された。

【参照ページ】
農業分野のカーボン・クレジット取組推進に係る最終調査結果

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-24

    旭化成、三井化学、三菱ケミカル、カーボンニュートラル実現に向け3社連携

    5月8日、旭化成、三井化学、三菱ケミカルは、西日本に各社が保有するエチレン製造設備について、カーボ…
  2. 2024-5-22

    資生堂、男性社員の育休取得率100%達成

    4月10日、資生堂は、国内資生堂グループ男性社員の育児休業取得率100%を達成したと発表した。 …
  3. 2024-5-22

    環境省、「環境デュー・ディリジェンスに関する取組事例集」更新

    4月11日、環境省は「環境デュー・ディリジェンス(環境DD)に関する取組事例集」の更新版を公表した…
ページ上部へ戻る