九州電力、千葉県袖ケ浦市におけるLNG火力発電所共同開発検討から撤退

九州電力、千葉県袖ケ浦市におけるLNG火力発電所共同開発検討から撤退

6月15日、九州電力は千葉県柚子ヶ浦市におけるLNG火力発電所協働開発検討から撤退することを発表した。

九州電力は、東京ガス株式会社と、2019年9月に「株式会社千葉袖ケ浦パワー」を設立し、千葉県袖ケ浦市の出光興産株式会社所有地において、LNG火力発電所の共同開発に向けた検討を進めてきた。

しかし現在、エネルギー情勢など世界規模の混乱が続いている。同社は、燃料市場、電力市場を含め当該プロジェクトを取り巻く諸情勢を総合的に判断し、 本検討への継続的な経営資源の投入をやめる。このため、同地点でのLNG火力発電所の共同開発検討から撤退する。

【参照ページ】
千葉県袖ケ浦市におけるLNG火力発電所共同開発検討からの撤退について

関連記事

ESG開示に関する上場企業100社比較データへのリンク

ピックアップ記事

  1. 2022-6-27

    ECIU、世界の大企業のネット・ゼロ目標の誓約に疑問を投げかける報告書を発表

    6月13日、英シンクタンクEnergy and Climate Intelligence Unit…
  2. 2022-6-27

    企業サステナビリティ報告指令、理事会と欧州議会の暫定的な政治的合意

    6月21日、欧州理事会と欧州議会は企業サステナビリティ報告指令(CSRD)に関する暫定的な政治合意…
  3. 2022-6-27

    国交省、気候変動をテーマにした2022年度国土交通白書を公表

    6月21日、国土交通省は2022年度版の国土交通白書を公表した。今年は気候変動をテーマとしている。…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る