日本、約1.6兆円の気候変動債の募集を開始

日本、約1.6兆円の気候変動債の募集を開始

2月14日、日本政府は、カーボンニュートラル経済への転換を支援するための資金調達として、特に脱炭素化が困難な産業分野の脱炭素化に重点を置き、8,000億円を調達し、初の気候変動対策債の発行を完了したと発表した。

この10年債の発行は、計画されている1.6兆円の移行債資金調達ラウンドの最初のトランシェであり、今後10年間の気候変動への取り組みに資金を提供するため、20兆円もの資金を調達するという政府の計画を開始するものである。

日本は、2050年までに温室効果ガス排出量を46%削減する2030年中間目標を掲げ、ネット・ゼロ・エミッションを達成することを約束している。2021年、政府は、2030年までに再生可能エネルギーの割合を20%未満から36%~38%に倍増させる計画を発表した。

政府の試算によれば、日本の脱炭素化目標を達成するためには、今後10年間で150兆円の官民投資が必要であり、必要な投資の大部分は、産業の転換とエネルギー効率の大幅な改善を目標としている。

2023年11月に発表された政府の気候変動対策債大綱に概説されているように、日本の移行債の資金使途は、日本の「GX(グリーン・トランスフォーメーション)推進戦略」に沿ったプロジェクトにおいて、特定のカテゴリーに割り当てられなければならず、排出削減に貢献し、産業競争力と経済成長を強化するセクターへの投資が優先され、プロジェクトは主に排出削減が困難なセクターの企業によって実施される。

対象となる投資カテゴリーは、GX推進戦略の14の「未来の行動」イニシアティブに沿ったもので、自然エネルギー、原子力、水素、電池の支援といったエネルギー供給サイドの転換、エネルギー効率化促進、産業におけるクリーン燃料の導入促進、資源循環から運輸セクターの転換、炭素循環・CCS、インフラに至る需要サイドの転換を対象としている。

政府は2月27日に第2弾の発行を目指し、2024年4月からの会計年度に1.4兆円(93億米ドル)の気候変動対策債を発行する予定である。

【参照ページ】
クライメート・トランジション利付国債

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  2. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…
  3. 2024-3-26

    【さくっと読める】ESGスコアとは。基本的知識を解説。

    今月から、サスティナビリティ情報開示で関心の高いテーマについて、さくっと読める解説コラムを発行して…

ピックアップ記事

  1. 2024-4-12

    BCG支援のVC、Bキャピタル、気候変動プラットフォームのリードへ向け新たな幹部を発表

    4月8日、マルチステージのベンチャー投資会社であるBキャピタルは、気候変動投資プラットフォームの拡…
  2. 日本、IFRSベースのサステナビリティ報告基準案を公表

    2024-4-11

    SSBJ(サステナビリティ基準委員会)、IFRSベースのサステナビリティ報告基準案を公表

    4月3日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)は、IFRS財団の国際サステナビリティ基準委員会(…
  3. 2024-4-11

    ブラックロック、ESG政策を理由に1.3兆円の資産売却を決定したテキサス州を「無謀」とし、再考を促す

    3月21日、ブラックロックは、テキサス州教育委員会がエネルギー企業への「ボイコット」とESG投資慣…

アーカイブ

ページ上部へ戻る