日本政府、食品ロス削減への施策パッケージを各省庁で発表

12月22日、消費者庁、農林水産省、環境省、こども家庭庁、法務省、文部科学省、厚生労働省、経済産業省は、「食品ロス削減目標達成に向けた施策パッケージ」を共同で発表した。本パッケージは、諸外国の動向を踏まえつつ、食品ロス削減に対する包括的な対策を提供している。

過去5年間の平均食品ロス量は614万トンで、日本政府は2030年までにこの量を489万トンにまで削減する目標を掲げている。製造・流通段階での食品ロスは約24万トン、外食段階でのロスは約20万トン、家庭段階でのロスは約14万トンで、総計で約60万トンとなっている。これらのロスを減少させ、必要な人々に提供することで、目標の約半分にあたる約120万トンの削減が可能とされている。

政府は6月に「経済財政運営と改革の基本方針2023」を閣議決定し、食品の寄附促進や法的措置、フードバンク団体の体制強化、賞味期限の在り方の検討など、食品ロス削減に向けた施策パッケージを2023年末までに策定することを掲げていた。

今回の施策パッケージには未使用食品の提供、外食の持ち帰り促進、事業および家庭での食品ロスの削減に関するフードバンクの推進などが含まれている。具体的な施策としては、各省庁での担当役割の設定や賞味期限の見直し、食品事業者への大括り表示の推進などが挙げられている。

【参照ページ】
⾷品ロス削減⽬標達成に向けた施策パッケージ概要

関連記事

“ホワイトペーパーへのリンク"

おすすめ記事

  1. ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…
  2. CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    2024-5-7

    CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    CSRD(Corporate Sustainability Reporting Directive…
  3. ESG投資とは。改めて考える重要性とESG経営のメリット・今後の課題

    2024-4-30

    ESG投資とは。改めて考える重要性とESG経営のメリット・今後の課題

    ESG投資の流れは国内外において拡大を続けている分野であり、注目を集めている。投資家のニーズに応え…

ピックアップ記事

  1. 2024-7-11

    ISO、ネット・ゼロ達成に向けた国際基準策定開始

    6月27日、国際標準化機構(ISO)はネット・ゼロに向けた初の国際基準の策定を開始したことを発表し…
  2. 2024-7-10

    Accenture、ESGに関する新たなレポートを公表

    6月26日、Accentureは「ESGレポート:コンプライアンスから競争優位性へ」という新たなレ…
  3. 2024-7-9

    CO2 AI、大規模な製品のカーボンフットプリントを計算するソリューションを発表

    サステナビリティ・プラットフォーム提供会社のCO2 AI は、企業が製品のカーボンフットプリント(…
ページ上部へ戻る