AIGCC、日本版「グリーンウォッシュとその回避策」ガイド発刊

10月4日、アジア機関投資家の気候変動イニシアティブAIGCCは、新たなガイド「グリーンウォッシュと回避策」を発刊した。本ガイドは、日本やアジアで活動を展開する銀行や機関投資家がグリーンウォッシュを防止するのに役立つ。

本ガイドは、グリーンウォッシュ回避のための推奨事項として、「自社でのグリーン性の精査」「透明性確保」「有言実行」「グリーン性のダイナミズムに即した定期的モニタリング」「法的義務と受託者責任の把握」の5つの柱を掲げ、それぞれにおける対策内容を詳述している。

国際的なグリーンウォッシュ規制については、「開示・報告」「気候タクソノミー」「商品・ファンド表示」「グリーン格付要件」「ネット・ゼロ・インテグリティ」の5つの種類を明示。日本では、経済産業省と国土交通省が策定したカーボンニュートラルに向けた産業分野別技術ロードマップが、実質的なタクソノミーとしてみなされているとした。

また、国内のグリーンウォッシュ規制や自主的な対策における新たな動きとして、以下についても言及している。

  • サステナビリティに関連した開示要件の強化:日本サステナビリティ基準委員会(SSBJ)は、2025年3月31日までに、国際サステナビリティ基準委員会(IFRS)のIFRS S1とIFRS S2に相当する日本版を発行すると発表。これにより、日本の開示基準が強化されることが期待される
  • 投資商品のグリーンウォッシュに対する懸念に対応するため、商品とファンドのラベリングに関する新ガイドラインの発表
  • ESG要素に関する企業間のパフォーマンス比較の調和や指針を示すルールの導入された

【参照ページ】
(原文)New Japan edition of “Greenwashing and how to avoid it: An introductory guide for Asia’s finance industry” released
(日本語参考訳)AIGCC、日本版「グリーンウォッシュとその回避策」ガイド発刊

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-5

    一般社団法人サステナブルコミュニティ設立3周年イベントを開催【イベントレポート】

    2024年5月25日、サステナブルコミュニティの3周年イベントがTKP東京駅カンファレンスセンター…
  2. 2024-6-4

    エナジー・キャピタル・パートナーズ、合計67億ドルを調達と発表

    5月28日、エネルギー転換・脱炭素インフラへの投資会社であるエナジー・キャピタル・パートナーズ(E…
  3. ホワイトハウス

    2024-6-4

    バイデン政権、VCMsに関する共同声明と新原則を発表

    5月28日、バイデン政権(米国財務省)は、自主的炭素市場(VCMs)への責任ある参加のための共同声…
ページ上部へ戻る