パナソニックHDとゼンリン、EVを活用したエネルギーマネジメントを共同開発

9月8日、パナソニックホールディングスとゼンリンは、カーボンニュートラル実現への貢献を目指し、EVを分散型エネルギーリソースとして活用するエネルギーマネジメント機能の構築に向けて共同開発に着手した。パナソニックグループのモビリティやエネルギーに関する技術知見、運用ノウハウと、ゼンリンが保有する地図情報やEV充電器等の位置情報、各種統計データを用いる。

本取り組みの第一弾として、ゼンリンからEV充電器メーカーや、EV充電器の管理・運用を行う企業向け「EVチャージ需要マップ」の提供を開始する。パナソニックとゼンリンで開発を進める独自アルゴリズムによって、EV充電器の立地・需要エリアを可視化。EV充電器メーカー、EV充電器の運用管理を行う企業に対し、より効率的・効果的な設備投資をサポートし、EV充電器普及を目指す。

【参照ページ】
パナソニックHDとゼンリンが電気自動車(EV)を活用したエネルギーマネジメントの共同開発に着手

関連記事

⾮財務情報を企業価値として評価する取り組み事例集へのリンク

ピックアップ記事

  1. ウォルマート、サプライチェーン排出量10億トン削減目標を2030年目標より6年前倒しで達成

    2024-2-28

    Walmart、サプライチェーン排出量10億トン削減目標を2030年目標より6年前倒しで達成

    2月21日、小売大手のWalmartは、製品サプライチェーン全体で温室効果ガス排出量を10億トン削…
  2. クリーンエネルギー・プロバイダーGeoPura、グリーン水素の普及加速のため約100億円を調達

    2024-2-28

    GeoPura、グリーン水素の普及加速のため約100億円を調達

    2月22日、クリーンエネルギー・プロバイダーのGeoPuraは、同社の発電技術の生産拡大と展開拡大…
  3. SIX、銀行が中小企業のサステナビリティを評価できるソリューションを発表

    2024-2-28

    SIX、銀行が中小企業のサステナビリティを評価できるソリューションを発表

    2月22日、金融市場インフラのプロバイダーであるSIXとサステナビリティ・レポーティング・ソフトウ…

アーカイブ

ページ上部へ戻る