JEITA、ソリューション間CO2データ連携実証に成功

8月4日、一般社団法人電子情報技術産業協会(JEITA)が事務局を務める Green x Digital コンソーシアムは、仮想サプライチェーン上でCO2データ連携を行う実証実験に成功したことを発表した。本実証実験は、グローバルレベルで業界横断的に CO2データ交換を実現することを視野に入れた、日本初の試みである。

同実証実験では、パソコンを題材として素材・加工材・製品から成る 3 層の仮想サプライチェーンを構築。参加企業を各層に配置した上で、同コンソーシアムの見える化ワーキンググループが策定した「CO2可視化フレームワーク」に基づく CO2データの算定と、「データ連携のための技術仕様」に基づく CO2 データのソリューション間連携を実施した。素材から製品に至るまでの CO2データを算定し、異なる企業・異なるソリューション間で受け渡すことで、最終製品の CO2データを算出(見える化)することに成功した。

同コンソーシアムより32社が参画した本実証は、2023年1月に成功したCO2 データ連携を異なるソリューション間で実証する「フェーズ 1」に続く、「フェーズ 2」と位置付けられている。フェーズ 2 の成果として、サプライチェーン上の複数企業群が異なる CO2データ見える化ソリューションを使用した場合であっても、「共通の方法」と「フォーマット」という共通言語を用いて CO2データを算定し、複数のソリューションが連携することによりサプライチェーンの上流から下流まで CO2データを受け渡すことが可能であることを実証した。

同団体によると、本実証実験の成功は、同コンソーシアムが策定したCO2 データ算定方法と技術仕様の社会実装を後押しし、サプライチェーン CO2 データ見える化の実現に貢献する。

【参照ページ】
Green x Digital コンソーシアム、仮想サプライチェーン上における CO2データ連携に成功

関連記事

“ホワイトペーパーへのリンク"

おすすめ記事

  1. ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…
  2. CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    2024-5-7

    CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    CSRD(Corporate Sustainability Reporting Directive…
  3. ESG投資とは。改めて考える重要性とESG経営のメリット・今後の課題

    2024-4-30

    ESG投資とは。改めて考える重要性とESG経営のメリット・今後の課題

    ESG投資の流れは国内外において拡大を続けている分野であり、注目を集めている。投資家のニーズに応え…

ピックアップ記事

  1. 2024-7-11

    ISO、ネット・ゼロ達成に向けた国際基準策定開始

    6月27日、国際標準化機構(ISO)はネット・ゼロに向けた初の国際基準の策定を開始したことを発表し…
  2. 2024-7-10

    Accenture、ESGに関する新たなレポートを公表

    6月26日、Accentureは「ESGレポート:コンプライアンスから競争優位性へ」という新たなレ…
  3. 2024-7-9

    CO2 AI、大規模な製品のカーボンフットプリントを計算するソリューションを発表

    サステナビリティ・プラットフォーム提供会社のCO2 AI は、企業が製品のカーボンフットプリント(…
ページ上部へ戻る