アサヒ、西濃、NLJ、ヤマト、日本初FC大型トラック走行実証を開始

5月17日、アサヒグループジャパン、西濃運輸、NEXT Logistics Japan(NLJ)、ヤマト運輸の4社は、サステナブルな物流の実現に向け、水素を燃料とした燃料電池(FC)大型トラックの走行実証の開始を発表した。FC大型トラックの走行は日本で初となる。

国内商用車全体の温室効果ガス排出量は、全体の約7割を大型トラックが占めている。特に幹線輸送に使われる大型トラックは、十分な航続距離と積載量、短時間での燃料供給が求められるため、エネルギー密度の高い水素を燃料とするFCシステムが有効となる。4社はトヨタ自動車と日野自動車が共同開発したFC大型トラックを用いて、各社の実際の輸送業務に使用、水素燃料活用の可能性と実用性の検証を行う。

具体的には、実稼働におけるドライバーにとっての使い勝手や、水素ステーションでの充填時間を含む運行管理が検証される。また車両開発においては、燃料電池システムおよび電動システム全般の作動検証や、環境や走り方の違いによる水素消費変化の把握・水素ステーションでの給水素情報の取得、ドライバビリティ(車両の運転操作性)や使い勝手全般に関する情報の取得が検証内容に含まれる。

使用するFC大型トラックは、航続可能距離は約600kmで、環境性能と商用車としての実用性を兼ね備える。水素を燃料とし、走行中に温室効果ガスを排出しないため、環境に配慮した車両となっている。将来予定されている高速水素充填規格にも対応可能な水素充填口も装備している。

【参照ページ】
日本初、燃料電池大型トラックの走行実証を開始― サステナブルな物流の実現に向け、水素燃料活用の可能性と実用性を検証 ―

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-24

    旭化成、三井化学、三菱ケミカル、カーボンニュートラル実現に向け3社連携

    5月8日、旭化成、三井化学、三菱ケミカルは、西日本に各社が保有するエチレン製造設備について、カーボ…
  2. 2024-5-22

    資生堂、男性社員の育休取得率100%達成

    4月10日、資生堂は、国内資生堂グループ男性社員の育児休業取得率100%を達成したと発表した。 …
  3. 2024-5-22

    環境省、「環境デュー・ディリジェンスに関する取組事例集」更新

    4月11日、環境省は「環境デュー・ディリジェンス(環境DD)に関する取組事例集」の更新版を公表した…
ページ上部へ戻る