三菱ふそうトラック・バス、バリューチェーン全体のカーボンニュートラル化へ

三菱ふそうトラック・バス、バリューチェーン全体のカーボンニュートラル化へ

三菱ふそうトラック・バス(以下、MFTBC)は7月19日、ダイムラートラック社の一員として、同社が全世界の製造拠点をカーボンニュートラルにするという目標に沿い、すべてのMFTBCの工場のカーボンニュートラル化に挑戦すると発表した。

ポルトガルに所在するMFTBCのポルトガルのトラマガル工場は、2022年までにカーボンニュートラルとなる見込み。また、日本国内の工場は2039年までのカーボンニュートラル化を目標とした。すでに、MFTBCの川崎・中津の両工場では、2015年比で二酸化炭素(CO2)排出量を17%削減している。

ダイムラートラックグループは「日本、北米、ヨーロッパで2039年までにすべての新車をカーボンニュートラルにて走行する(“tank-to-wheel”)車両とする」を目標として掲げており、最終的な目標は、2050年までにカーボンニュートラルな輸送を達成することとしている。

【参照ページ】バリューチェーン全体のカーボンニュートラル化に挑戦

関連記事

SmartESGへのリンク

ピックアップ記事

  1. アルミニウム

    2022-10-5

    資源開発大手Rio Tinto、アルビダ工場にアルミリサイクル施設を新設

    8月26日、資源開発大手Rio Tintoは、自動車・包装・建設市場の顧客向けに低炭素アルミソリュ…
  2. 2022-10-5

    ISCC・Circularise・Shell等10社協働、マスバランス認証を補完するブロックチェーン技術を実証

    9月13日、トレーサビリティ管理プラットフォームの開発を手掛けるCirculariseは、国際サス…
  3. 2022-10-5

    Enel・The European House – Ambrosettiの共同研究、「Net Zero Economy 2050」の結果を発表

    9月3日、エネルギー大手Enel、同社財団のEnel財団、コンサルティング大手のThe Europ…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る