三菱商事・サントリー・ENEOS、バイオマス由来PETボトルのサプライチェーンを開始

三菱商事・サントリー・ENEOS、バイオマス由来PETボトルのサプライチェーンを開始

8月7日、三菱商事は、サントリー、ENEOSと、バイオマスを原料とする持続可能なPETボトル製造のためのサプライチェーン構築を目的とした契約を締結した。

三菱商事によると、2024年にサントリーのサステナブルPETボトルの原料として使用される約3,500万本分のバイオパラキシレン(バイオPX)の生産を見込んでいる。

本サプライチェーンでは、再生可能燃料サプライヤーであるNESTEが、使用済み食用油など100%再生可能な資源から製造するバイオナフサを原料として活用する。三菱商事はサプライチェーン全体のマネジメントを行う。

サプライチェーンは以下の通り。NESTEのバイオナフサを出発原料として、ENEOSが水島製油所でバイオパラキシレン(PX)を製造し、バイオPXはバイオ高純度テレフタル酸(PTA)とバイオPETボトルの製造に使用される。サントリーは、バイオPET樹脂を自社製品のサステイナブルPETボトル製造に使用する。

三菱商事によると、バイオナフサ由来のバイオPXを使用したサステナブルPETボトルの商業規模での生産は今回が初めてであり、新たなサプライチェーンの構築により、従来の石油由来製品に比べCO2排出量の削減に貢献するとしている。

【参照ページ】
サステナブルペットボトルのサプライチェーン構築
世界初のバイオパラキシレンによる“バイオマスtoペットボトル”の取り組み

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-12

    欧州監督機構、グリーンウォッシングに関する最終報告書を発表

    6月4日、ESMA(欧州証券市場監督機構)EBA(欧州銀行機構)・EIOPA(欧州保険・企業年金監…
  2. 2024-6-11

    H&M、SBTiの目標基準におけるカーボンオフセットの使用に懸念を表明

    6月5日、H&Mグループは、SBTi(Science Based Targets init…
  3. 2024-6-10

    アサヒ飲料、自動販売機で回収したCO2を道路材料に活用開始

    5月24日、アサヒ飲料は、前田道路株式会社と共同で、「CO2を食べる自販機(自動販売機の庫内に二酸…
ページ上部へ戻る