政府、風力発電のアセスメント制度について検討会開催

政府、風力発電のアセスメント制度について検討会開催

7月15日、経済産業省と環境省は、令和3年度「再生可能エネルギーの適正な導入に向けた環境影響評価のあり方に関する検討会(第1回)」を開催する。

背景として、「規制改革実施計画」(令和3年6月18日閣議決定)で経済産業省及び環境省は、風力発電事業について、立地に応じ地域の環境特性を踏まえた効果的・効率的なアセスメントに係る制度的対応の在り方について、令和3年上半期には具体的な検討を開始し、令和4年度結論を得るとされたことが挙げられている。

上記閣議決定の3ヶ月前(令和3年3月)には「令和2年度再生可能エネルギーの適正な導入に向けた環境影響評価のあり方に関する検討会報告書」において、風力発電所の特性に鑑みて、2つの観点(①より幅広なスクリーニングの導入、②簡易かつ効果的なアセスメント手続の導入)から制度的枠組みを検討し、迅速に措置するべきとされていた。

【参照ページ】令和3年度再生可能エネルギーの適正な導入に向けた環境影響評価のあり方に関する検討会(第1回)を開催します

関連記事

SmartESGへのリンク

ピックアップ記事

  1. 2022-6-27

    ECIU、世界の大企業のネット・ゼロ目標の誓約に疑問を投げかける報告書を発表

    6月13日、英シンクタンクEnergy and Climate Intelligence Unit…
  2. 2022-6-27

    企業サステナビリティ報告指令、理事会と欧州議会の暫定的な政治的合意

    6月21日、欧州理事会と欧州議会は企業サステナビリティ報告指令(CSRD)に関する暫定的な政治合意…
  3. 2022-6-27

    国交省、気候変動をテーマにした2022年度国土交通白書を公表

    6月21日、国土交通省は2022年度版の国土交通白書を公表した。今年は気候変動をテーマとしている。…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る