Google Cloud、カーボンフリー・ソリューション製品群を拡充。Salesforceとも協業

Google2

10月13日、Google Cloudは気候変動に焦点を当てた一連の新しいツールを発表した。これは、ユーザーがクラウドベースのワークロードの排出量を評価・削減し、ビジネスにおける気候変動への影響を改善することを目的としている。

「Google Cloud Next」イベントで発表された新しいソリューションには、「カーボンフットプリント」が含まれている。これは、クラウド利用時の電力に関連する二酸化炭素の総排出量を測定、追跡、報告するためのツールで、プロジェクト、製品、地域ごとの排出量を時系列でモニタリングすることができる。この新しいツールは、Google Cloudが今年初めに発表した低炭素地域アイコンに続くもので、ユーザーはワークロードを実行する際に最もクリーンな地域を選択することができる。


以降のコンテンツは無料会員登録を行うと閲覧可能になります。無料会員登録を行う

すでに登録済みの方はログイン画面へ

関連記事

ESG開示に関する上場企業100社比較データへのリンク

ピックアップ記事

  1. 2021-11-29

    ENEOSの傘下のJX石油開発、英資源開発事業を売却

    11月26日、ENEOSホールディングス傘下で石油や天然ガスなどの開発を手掛けるJX石油開発は、英…
  2. 2021-11-29

    Citi、Breakthrough Energy Catalystとのパートナーシップを発表

    11月2日、Citiは、2050年までのネット・ゼロ・エミッション達成に向けてクリーン・エネルギー…
  3. LM Wind Power、廃棄物ゼロの風力発電ブレード製造へ

    2021-11-29

    LM Wind Power、廃棄物ゼロの風力発電ブレード製造へ

    11月23日 、GEのリニューアブル・エナジー事業であるLM Wind Powerは、2030年ま…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る