三菱ケミカル、大和製罐とともに生分解性紙コップの蓋を開発

9月7日、三菱ケミカル株式会社と大和製罐株式会社は、三菱ケミカルの生分解性樹脂コンパウンド「FORZEASTM(フォゼアス )」を使用した生分解性リッド(紙コップ等のフタ)を開発したと発表した。

リッドは、ホットドリンク等のあふれ防止のために使用され、その点に対応できる耐熱性や飲み口のヒンジが切れないような柔軟性などが要求される製品。両社は素材の材料設計やリッドの形状設計の見直しを行うことで、要求性能を満たすリッドの開発に成功した。また、「FORZEAS」は素材そのものが優れた耐熱性を有しているという。また、今般の生分解性リッドは、紙コップ容器とフタを分別することなく、コンポスト設備で一緒に分解することが可能となる。


今後、三菱ケミカルおよび大和製罐は、コンビニやカフェでの採用を目指しているという。

【参照ページ】生分解性リッドの開発について

関連記事

ESG開示に関する上場企業100社比較データへのリンク

ピックアップ記事

  1. Arabesque

    2021-12-2

    アラベスクと金融機関連合、無料のESGデータソース「ESG Book」を立ち上げ

    HSBC、ドイツ銀行、GRIを含む金融機関、投資家、サステナブル投資に特化したサービスプロバイダー…
  2. アマゾン、グローバルな事業展開のための実用規模の再生可能エネルギープロジェクトを次々と発表

    2021-12-2

    Amazon、グローバル再生可能エネルギープロジェクトを次々と発表

    Amazonは、米国、フィンランド、ドイツ、イタリア、スペイン、英国において、18件の風力・太陽光…
  3. 2021-12-2

    KKR、ESG戦略を推進するためにサステナビリティ・エキスパート・カウンシルを設立

    グローバルなオルタナティブ・アセット&プライベート・エクイティ投資家であるKKRは、ESGに関する…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る