ロッテ、脱炭素実現へ向け、スタジアム使用電力を再生可能エネルギー100%に切り替え

9月24日、ロッテは脱炭素化社会の実現に向け、10月1日からZOZOマリンスタジアムにおける使用電力を再生可能エネルギー100%に切り替えることを発表した。

この再生可能エネルギー100%への電力切り替えは、球場全体で消費している温室効果ガスの約93%相当である年間約932t(一般家庭約230世帯分)のCO2排出量を削減する効果が期待されている。

この取り組みは千葉市が20年11月に公表した「千葉市気候危機行動宣言」において推進されている「再生可能エネルギー由来電力の活用」を実現したものである。千葉市の保有施設で再生可能エネルギー100%の電力への切り替えが実施されるのは今回が初めてとなる。

【参考記事】ロッテ 脱炭素社会実現へZOZO使用電力を再生可能エネルギー100%化実現へ


関連記事

ESG開示に関する上場企業100社比較データへのリンク

ピックアップ記事

  1. IberdrolaとH2 Green Steel、約2,900億円のグリーン水素プラントを建設し、脱炭素鉄鋼の生産に貢献

    2021-12-5

    IberdrolaとH2 Green Steel、約2,900億円のグリーン水素プラントを建設し、脱炭素鉄鋼の生産に貢献

    世界的なエネルギー・電力供給会社であるイベルドローラ社とスウェーデンのグリーン・スチール・スタート…
  2. SoftbankとBlackRock、サステナビリティ・データ&アナリティクス・プラットフォーム「Clarity AI」に出資

    2021-12-5

    SoftbankとBlackRock、サステナビリティ・データ&アナリティクス・プラットフォーム「Clarity AI」に出資

    サステナビリティ分析とデータサイエンスのプラットフォームであるClarity AIは、SoftBa…
  3. 香港証券取引所、上場企業向けにESG評価指標を提供、ビジネス向けのネット・ゼロ・ガイドを発行

    2021-12-5

    香港証券取引所、上場企業向けにESG評価指標を提供、ビジネス向けのネット・ゼロ・ガイドを発行

    香港証券取引所(HKEX)は、投資家向けに香港の上場企業のESG指標を公開するとともに、企業のネッ…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る