ENECHANGE、EV充電器3万台設置に向けて最大300億円の投資を発表

ENECHANGE、EV充電器3万台設置に向けて最大300億円の投資を発表

6月29日、ENECHANGEは2027年までにEV充電器3万台設置を目指し、各種補助金や融資等を活用し最大300億円の投資を行ったと発表した。

今回の新たなモデルである「ENECHANGE EV CHARGE」(EV CHARGE)は、設置を進めてきた日東工業製Pit2G「モデル1」に加え、新たに補助金対象となる6kW対応の普通充電器「モデル2」をラインナップに追加した。 EV CHARGE は従来の3倍の速さで充電することが可能となった。また、専用アプリ「EV CHARGE」と組み合わせることで、EV充電スポットの検索から、充電・決済までをワンストップで行うことが可能だ。

EV CHARGE の特徴としては6kWの倍速充電が可能なだけでなく、4G通信に対応しており、設置場所の制限がなくどこでもEV充電器を設置できる。さらに、国の充電インフラ補助金に対応しており、審査の厳しい日本自動車研究所認証センター(JARI)の認証を取得している。

同社は、EV充電設備の導入を検討する駐車場オーナー向けのキャンペーン実施を発表した。国の補助金制度にENECHANGE独自の導入支援金を上乗せし、導入する施設・駐車場オーナーは実質無料でEV充電器を設置できる。

【参照ページ】
新EV充電ブランド「ENECHANGE EV CHARGE」で 2027年までに3万台設置に向け最大300億円を投資

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-24

    旭化成、三井化学、三菱ケミカル、カーボンニュートラル実現に向け3社連携

    5月8日、旭化成、三井化学、三菱ケミカルは、西日本に各社が保有するエチレン製造設備について、カーボ…
  2. 2024-5-22

    資生堂、男性社員の育休取得率100%達成

    4月10日、資生堂は、国内資生堂グループ男性社員の育児休業取得率100%を達成したと発表した。 …
  3. 2024-5-22

    環境省、「環境デュー・ディリジェンスに関する取組事例集」更新

    4月11日、環境省は「環境デュー・ディリジェンス(環境DD)に関する取組事例集」の更新版を公表した…
ページ上部へ戻る