東証、プライム市場基準を満たさない1部上場企業664社を発表

東証、1部上場664社がプライム基準を満たさないと発表

7月9日、東証は2022年4月から実施する市場区分再編に関し、新上場区分への判定を実施し、東証一部上場企業2,191社のうち、664社(全体の約3割)が新「プライム市場」の上場基準を満たさないことを発表した。

東証には現在、「1部」、「2部」、「マザーズ」、「ジャスダック」のスタンダードとグロースのあわせて5つの区分があるが、2022年4月から「プライム」「スタンダード」「グロース」の3つに再編する。

今回「不適合」とされた企業でも、株主構成の詳細などについて東証と協議し理解を得られれば「適合」と認められる可能性がある。 

【参照ページ】東証が発表 1部上場664社が最上位「プライム」基準満たさず

関連記事

ESG開示に関する上場企業100社比較データへのリンク

ピックアップ記事

  1. 2022-1-19

    Commerz VenturesやCiti Ventures、消費者向けカーボンフットプリント追跡ソリューションプロバイダーに出資

    1月17日、ストックホルムに拠点を置くカーボンフットプリント追跡ソリューションプロバイダーのDoc…
  2. 2022-1-19

    非営利団体Bonsucro、サトウキビの生産基準認証を改訂。生物多様性などグローバルリスクに対応

    1月17日、持続可能なサトウキビの促進を目指す国際的な非営利団体であるBonsucroは、サトウキ…
  3. 2022-1-19

    滋賀県、地方公共団体初のサステナビリティ・リンク・ボンドを発行。排出量削減の目標未達で金利以外の罰則規定も

    1月18日、滋賀県は二酸化炭素排出削減の目標達成を投資家に約束する「サステナビリティ・リンク・ボン…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る