環境省、グリーンファイナンス創出事業のモデル事例を公募

環境省、グリーンファイナンスモデル創出事業のモデル事例を公募

 環境省は7月6日、特に環境面においてモデル性を有すると考えられるサステナビリティ・リンク・ローン、サステナビリティ・リンク・ボンド、インパクトファイナンスのモデル事例の公募を発表した。

公募の背景について環境省は、

  • 近年国際的には企業等の借り手が野心的なサステナビリティ・パフォーマンス・ターゲット(SPTs)を達成することを奨励するローンである「サステナビリティ・リンク・ローン(SLL)」や、SLL と同様のフレームワークによる「サステナビリティ・リンク・ボンド(SLB)」が活発になってきていること
  • また、金融機関・投資家が環境・社会・経済へのインパクトを明確な意図を持って追求する「インパクトファイナンス」の取組が様々なイニシアティブによって進められていること

を挙げ、2021 年4月に菅義偉首相が表明した 2050 年までのカーボンニュートラルの実現に向け民間資金を大量に導入していく必要がある中で、日本における SLL、SLB、インパクトファイナンスの普及は海外と比べ、十分とはいえないとしている。

【参照ページ】令和3年度グリーンファイナンスモデル事例創出事業に係るモデル事例の募集について

関連記事

ESG開示に関する上場企業100社比較データへのリンク

ピックアップ記事

  1. 2022-1-19

    Commerz VenturesやCiti Ventures、消費者向けカーボンフットプリント追跡ソリューションプロバイダーに出資

    1月17日、ストックホルムに拠点を置くカーボンフットプリント追跡ソリューションプロバイダーのDoc…
  2. 2022-1-19

    非営利団体Bonsucro、サトウキビの生産基準認証を改訂。生物多様性などグローバルリスクに対応

    1月17日、持続可能なサトウキビの促進を目指す国際的な非営利団体であるBonsucroは、サトウキ…
  3. 2022-1-19

    滋賀県、地方公共団体初のサステナビリティ・リンク・ボンドを発行。排出量削減の目標未達で金利以外の罰則規定も

    1月18日、滋賀県は二酸化炭素排出削減の目標達成を投資家に約束する「サステナビリティ・リンク・ボン…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る