中国銀行、ヤマト住建株式会社に対し「サステナビリティ・リンク・ローン」を実行

中国銀行(岡山市北区丸の内一丁目15番20号 頭取 加藤 貞則)は6月30日(水)、ヤマト住建株式会社に対し、『ちゅうぎんサステナビリティ・リンク・ローン』を実行した。

『ちゅうぎんサステナビリティ・リンク・ローン』、設定されたSDGsやESGに関連する企業目標の達成状況に応じて金利が変動する仕組みの商品。
 今回、ヤマト住建株式会社は、「ZEH受託率」に関する具体的な企業目標数値を設定した。中国銀行は、「当該目標の達成時に金利引下げをおこなうことで、目標達成の動機付けを促し、お客さまのサステナブル経営を後押しする」としている。

【参照ページ】ちゅうぎんサステナビリティ・リンク・ローンの実行について

関連記事

ESG開示に関する上場企業100社比較データへのリンク

ピックアップ記事

  1. 2022-1-24

    気候変動・人権など世界には多様な認証制度が存在!サステナビリティに関する主な認証ラベル・制度:Part2

    こんにちは!ESG Journal Japan編集部です! サステナブルな事業やESG・SD…
  2. 2022-1-24

    英政府、廃棄物の取り締まりを強化する計画を発表

    1月21日、英国における廃棄物産業改革の一環として廃棄物犯罪者の取り締まり強化が発表された。2つの…
  3. ソフトバンク、初のサステナビリティボンドの発行条件を発表

    2022-1-24

    ソフトバンク、初のサステナビリティボンドを発行。成層圏通信プラットフォームに充当

    1月21日、ソフトバンクは、同社として初めてとなるサステナビリティーボンド総額300億円の発行条件…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る