DowとShell、CO2排出量の少ない共同技術開発の進捗を報告

shell

オランダのShellとアメリカのDowは6月17日、電気加熱式分解炉の共同開発状況を報告した。
また、オランダ政府から、350万ユーロ(約4.6億円)の補助金の獲得と、開発パートナーとして、オランダ応用科学研究機構(TNO)および持続可能なプロセス・テクノロジー研究所(ISPT)が新たにプロジェクトに参画することも発表した。

両社は、2050年までのカーボンニュートラル達成を目標としている。
現在の石油化学の分解炉(クラッカー)は、二酸化炭素を排出してしまうが、電気加熱式クラッカーは、電気を熱エネルギーに転換し、加熱する方式のため二酸化炭素を排出しない。電気加熱式クラッカーに必要な電力は再生可能ネルギーで調達するとしている。

【参照ページ】DOW AND SHELL TEAM UP TO DEVELOP ELECTRIC CRACKING TECHNOLOGY

関連記事

ESG開示に関する上場企業100社比較データへのリンク

ピックアップ記事

  1. 2022-1-24

    気候変動・人権など世界には多様な認証制度が存在!サステナビリティに関する主な認証ラベル・制度:Part2

    こんにちは!ESG Journal Japan編集部です! サステナブルな事業やESG・SD…
  2. 2022-1-24

    英政府、廃棄物の取り締まりを強化する計画を発表

    1月21日、英国における廃棄物産業改革の一環として廃棄物犯罪者の取り締まり強化が発表された。2つの…
  3. ソフトバンク、初のサステナビリティボンドの発行条件を発表

    2022-1-24

    ソフトバンク、初のサステナビリティボンドを発行。成層圏通信プラットフォームに充当

    1月21日、ソフトバンクは、同社として初めてとなるサステナビリティーボンド総額300億円の発行条件…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る