安藤ハザマ、LCA手法を活用した、建築物の新たな環境影響評価

安藤ハザマ、LCA手法を活用した、建築物の新たな環境影響評価

安藤ハザマは4月13日、神奈川県川崎市で設計・施工にて建設中の当社独身寮でライフサイクルアセスメント(以下、LCA)を実施し、カーボンフットプリント(CFP)認定を取得した。

カーボンフットプリント(CFP)とは、「製品やサービスの原材料調達から廃棄・リサイクルに至るまでのライフサイクル全体(製品の一生)を通じて排出される温室効果ガスの総排出量をCO2に換算した数値」で同排出量を表示する仕組み。一般社団法人サステナブル経営推進機構が運営を行っている。

LCAの手法論はISO14040/14044に規格化されているが、ISOに準拠したLCAを実施するには、高い専門性が求められる。今回新な手法によって、高い専門性を有していなくても効率的にLCAを実施できる仕組みを確立し、これにより、二酸化炭素以外の多様な環境負荷物質を合わせた総合的な環境影響評価が可能となるとしている。

【参照ページ】 LCA手法を活用した、建築物の新たな環境影響評価

関連記事

ESG開示に関する上場企業100社比較データへのリンク

ピックアップ記事

  1. 2022-1-19

    Commerz VenturesやCiti Ventures、消費者向けカーボンフットプリント追跡ソリューションプロバイダーに出資

    1月17日、ストックホルムに拠点を置くカーボンフットプリント追跡ソリューションプロバイダーのDoc…
  2. 2022-1-19

    非営利団体Bonsucro、サトウキビの生産基準認証を改訂。生物多様性などグローバルリスクに対応

    1月17日、持続可能なサトウキビの促進を目指す国際的な非営利団体であるBonsucroは、サトウキ…
  3. 2022-1-19

    滋賀県、地方公共団体初のサステナビリティ・リンク・ボンドを発行。排出量削減の目標未達で金利以外の罰則規定も

    1月18日、滋賀県は二酸化炭素排出削減の目標達成を投資家に約束する「サステナビリティ・リンク・ボン…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る