ミシュランがレーシングタイヤにサステナブル素材46%を採用

ミシュランは6月1日、燃料電池レーシングカー「Mission H24」に向け、サステナブル素材を46%採用した「レーシングタイヤ」を開発したと発表した。

タイヤの天然ゴムの含有量を増やし、使用済みタイヤから回収されたリサイクル カーボン ブラックを使用することでこれを達成。他にはバイオやリサイクルの素材に、オレンジやレモンの皮、ひまわり油、松の樹脂、アルミ缶からリサイクルされたスチールなどの日用品が含まれる。全体で46%を実現した。

ミシュランは2050年まで、すべてのタイヤに100%持続可能な材料を使用するというコミットメントを発表しており、その目標達成に向けて、2030年にはグループ全体のタイヤに40%の持続可能な材料を使用するというマイルストーン到達を目指す。

【参照ページ】2021 Movin’On: Michelin presents two innovations to accelerate the development of sustainable mobility

関連記事

ESG開示に関する上場企業100社比較データへのリンク

ピックアップ記事

  1. 北米の大手銀行、共同で気候変動リスク管理基準を策定

    2022-1-18

    北米の主要大手銀行19行、コンソーシアムを立ち上げ気候変動リスク管理基準を策定

    1月12日、Bank of America、Wells Fargo、Royal Bank of C…
  2. Carlyle、クリーンエネルギー貯蔵とEVインフラ技術企業へ1億ドル超の投資を発表

    2022-1-18

    カーライル、クリーンエネルギー貯蔵とEVインフラ技術企業へ114億円超の投資を発表

    1月14日、グローバルな民間資本投資会社であるCarlyleグループは、コミュニティ規模のクリーン…
  3. bpとオマーン、「世界最高水準」の再生可能エネルギーとグリーン水素の開発を計画

    2022-1-18

    bpとオマーン、「世界最高水準」の再生可能エネルギーとグリーン水素の開発を計画

    1月17日、エネルギー大手bpはオマーンのエネルギー鉱物資源省と新たなパートナーシップを結び、20…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る