住友商事株式会社、サステナビリティ経営の高度化に向けた重要社会課題に対する中期目標設定について発表

住友商事株式会社、サステナビリティ経営の高度化に向けた重要社会課題に対する中期目標設定について発表

住友商事株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役 社長執行役員 CEO:兵頭 誠之、以下「住友商事」)は、サステナビリティ経営の高度化の一環として、2020年6月に設定した6つの重要社会課題と長期目標に対し、具体的なアクションプランを示した中期目標を2021年05月07日に発表した。

今回の見直しでは、石炭火力については、新規の発電事業・建設工事請負には取り組まないことを決定した。

また、石炭火力発電事業については、2035年までにCO2排出量を60パーセント以上削減(2019年比)し、2040年代後半には全ての事業を終え、石炭火力発電事業から撤退することも合わせて決定した。

一般炭鉱山開発事業についても、今後新規の権益取得は行わず、2030年に一般炭鉱山持分生産量ゼロを目指す方針だ。

【参照ページ】 「気候変動問題に対する方針」の見直しについて

関連記事

ESG開示に関する上場企業100社比較データへのリンク

ピックアップ記事

  1. 2022-1-24

    気候変動・人権など世界には多様な認証制度が存在!サステナビリティに関する主な認証ラベル・制度:Part2

    こんにちは!ESG Journal Japan編集部です! サステナブルな事業やESG・SD…
  2. 2022-1-24

    英政府、廃棄物の取り締まりを強化する計画を発表

    1月21日、英国における廃棄物産業改革の一環として廃棄物犯罪者の取り締まり強化が発表された。2つの…
  3. ソフトバンク、初のサステナビリティボンドの発行条件を発表

    2022-1-24

    ソフトバンク、初のサステナビリティボンドを発行。成層圏通信プラットフォームに充当

    1月21日、ソフトバンクは、同社として初めてとなるサステナビリティーボンド総額300億円の発行条件…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る