アリアンツGIと欧州投資銀行、650億円超の新興国向け気候ファンドを設立

アリアンツGIと欧州投資銀行、650億円超の新興国向け気候ファンドを設立

アクティブ・アセット・マネジメントのアリアンツ・グローバル・インベスターズ(AllianzGI)と欧州投資銀行(EIB)は、新興市場や発展途上国で活動する気候変動に焦点を当てた投資ファンドやプロジェクトへの投資を目的とした「エマージング・マーケット・クライメート・アクション戦略(EMCA)」の立ち上げを発表した。

目標金額は5億ユーロ(約650億円)で、気候変動の緩和、気候変動への適応、電力へのアクセスに

焦点を当てている。EMCAは、気候変動に焦点を当てた投資ファンドに投資し、陸上の風力発電所、太陽光発電所、水力発電所などのプロジェクトや、住宅や産業におけるエネルギー効率化プロジェクトを支援する。またこのファンドは、新興国や発展途上国が洪水や暑さなどの気候変動に関連する事象の影響を緩和し、回復力を高めるためのプロジェクトにも融資することができる。

EIB副総裁のAmbroise Fayolleは次のように述べている。

「新興国や発展途上国での気候変動プロジェクトを支援することは、パリの気候目標を達成し、現地での経済活動を促進するための鍵となります。EUの気候変動対策銀行として、我々は民間資本を大規模に動員する革新的な金融手法について長年の経験を持っています。本日、アリアンツ・グループとともに、この新たなマイルストーンを発表できることを嬉しく思います。これは、COP26の会議に向けて、気候変動資金のギャップを埋めるための官民パートナーシップの力について、重要なシグナルを送るものです。」

このファンドは官民パートナーシップとして立ち上げられ、ドイツ・ルクセンブルク政府、Nordic Development Fund、Allianz、Folksam、EIBなどがアンカー投資家として参加している。

アリアンツGIとEIBによると、EMCAは、ヨーロッパを代表するインパクト投資イニシアチブとなり、世界中の新しいクリーンエネルギー能力を支援し、アフリカ、アジア、ラテンアメリカ、中東での気候変動対策プロジェクトの立ち上げに多額の民間資金を動員することを目指している。

【参照ページ】
(原文)EIB and AllianzGI support climate action projects in emerging and developing countries
(日本語訳)アリアンツGIとEIB、650億円超の新興市場向け気候ファンドを設立

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-12

    欧州監督機構、グリーンウォッシングに関する最終報告書を発表

    6月4日、ESMA(欧州証券市場監督機構)EBA(欧州銀行機構)・EIOPA(欧州保険・企業年金監…
  2. 2024-6-11

    H&M、SBTiの目標基準におけるカーボンオフセットの使用に懸念を表明

    6月5日、H&Mグループは、SBTi(Science Based Targets init…
  3. 2024-6-10

    アサヒ飲料、自動販売機で回収したCO2を道路材料に活用開始

    5月24日、アサヒ飲料は、前田道路株式会社と共同で、「CO2を食べる自販機(自動販売機の庫内に二酸…
ページ上部へ戻る