ワイン&スピリッツメーカーのMoët Hennessy、2030年までにバリューチェーンの排出量を半減

 

LVMHのワイン&スピリッツ部門であるモエ・ヘネシーは、2030年までに温室効果ガス(GHG)の排出量を絶対値で50%削減するという新たな気候変動目標を発表した。これは、事業活動やバリューチェーン(スコープ1,2,3)の排出量を含む。

モエ・ヘネシーは、パリ協定の1.5℃目標を採用することを新たな目標の中核としている。またモエ・ヘネシー社は、その目標がScience Based Targets initiative(SBTi)によって承認されたと述べている。

SBTiは、CDP、世界資源研究所(WRI)、世界自然保護基金(WWF)、国連グローバル・コンパクト(UNGC)が共同で設立した組織で、企業の環境維持活動を気候変動の抑制という世界的な目標に一致させることを目的とした重要な組織の一つ。SBTiによるターゲットの承認の達成は、企業のサステナビリティへの取り組みにとって重要なマイルストーンであり、多くの企業がこのイニシアチブに参加している。

今年初め、SBTiは承認された気候変動ターゲットの基準を厳しくし、気候変動の最悪の影響を回避するために必要な、1.5℃温暖化の野心に沿ったターゲットのみを近々受け入れることを発表した。

炭素削減目標を達成するために、モエ・ヘネシー社は、原材料からの二酸化炭素排出量の削減、環境に配慮したパッケージの設計、再生可能エネルギーの活用、低炭素輸送の促進など、4つの施策に注力するとしている。また、目標達成に向けて、サプライヤーやお客様と協力していくことを表明している。

【参照ページ】
(原文)MOËT HENNESSY EXPANDS COMMITMENT TO REDUCE ITS CARBON FOOTPRINT, WITH AMBITIOUS TARGETS APPROVED BY SBTI
(日本語訳)ワイン&スピリッツメーカーのMoët Hennessy、2030年までにバリューチェーンの排出量を半減

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-21

    人口戦略会議、全国の地方自治体の「持続可能性」について分析

    4月22日、民間団体・人口戦略会議は「地方自治体「持続可能性」分析レポート」を公表。昨年12月に公…
  2. 2024-5-21

    金融庁、主要国のサステナビリティ情報の開示・保証について報告書を発表

    4月17日、金融庁は「主要国のサステナビリティ情報等の開示・保証の動向に関する調査」をEY新日本有…
  3. 2024-5-16

    CEO半数以上がサステナビリティの優先順位が高いと回答(EY調査)

    5月7日、EYの調査によるとサステナビリティと気候変動に関する課題は、グローバルの経営層の間で再び…
ページ上部へ戻る