バイデン大統領、サイバーセキュリティ対策強化を確認

ホワイトハウス

8月25日、バイデン大統領は、民間企業および教育機関のリーダーと会談し、サイバーセキュリティの脅威に対処するために必要な国全体での取り組みについて議論した。

サイバーセキュリティはバイデン政権にとって国家安全保障および経済安全保障上の必須課題である。2021年5月12日にはバイデン大統領は、連邦政府の防御を近代化し、テクノロジーのセキュリティを向上させる大統領令を発布した。また、7月28日にはバイデン大統領は国家安全保障に関する覚書を発表し、重要インフラの運営者に期待することを明確に示した自主的なサイバーセキュリティ目標を設定している。

バイデン政権下では、米国国立標準技術研究所(NIST)がパートナーと協力して、テクノロジーのサプライチェーンのセキュリティと完全性を向上させるための新しいフレームワークを開発する。本アプローチは、安全なテクノロジーを構築し、オープンソース・ソフトウェアを含むテクノロジーのセキュリティを評価する方法について、公的機関および民間団体のガイドラインとなる。これにマイクロソフト、グーグル、IBM、トラベラーズ、コーリションは、NISTが主導するこの取り組みに参加することを約束した。

【参照ページ】
(原文)FACT SHEET: Biden Administration and Private Sector Leaders Announce Ambitious Initiatives to Bolster the Nation’s Cybersecurity
(日本語訳)ファクトシート:バイデン政権と民間企業のリーダーたちが、米国のサイバーセキュリティ強化に向けた意欲的な取り組みを発表

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-24

    旭化成、三井化学、三菱ケミカル、カーボンニュートラル実現に向け3社連携

    5月8日、旭化成、三井化学、三菱ケミカルは、西日本に各社が保有するエチレン製造設備について、カーボ…
  2. 2024-5-22

    資生堂、男性社員の育休取得率100%達成

    4月10日、資生堂は、国内資生堂グループ男性社員の育児休業取得率100%を達成したと発表した。 …
  3. 2024-5-22

    環境省、「環境デュー・ディリジェンスに関する取組事例集」更新

    4月11日、環境省は「環境デュー・ディリジェンス(環境DD)に関する取組事例集」の更新版を公表した…
ページ上部へ戻る