EU、再生可能ガス、天然ガス、水素市場構築のための新ルールを採択

5月21日、欧州理事会は欧州の再生可能ガスおよび低炭素ガスへの移行と化石燃料からの転換を推進し、EUの脱炭素化目標を支援することを目的として、再生可能ガス、天然ガス、水素に関する共通市場ルールを確立する新規制パッケージの採択を発表した。

EU理事会の発表は、4月にEU議会で承認された新規制の最終的な採択に向けた最後の大きな一歩となる。

新規制は、EUガス市場の脱炭素化を図るために2021年12月に欧州委員会が提案した一連の提案の一環である。

新規則は、再生可能エネルギー、天然ガス、水素に関する共通の域内市場ルールの確立を支援し、電力、ガス、水素の共同シナリオに基づく国家ネットワーク開発計画を義務付けるものである。欧州委員会によると、同規則は、既存のガス送電網への接続とアクセスを促進することにより、再生可能ガスや低炭素ガスの導入を可能にするもので、加盟国がエネルギーミックスにおいてそれらを比較・検討できるようにするため、異なるガスの排出フットプリントの評価に一貫性を持たせることができる。

新規則には、化石燃料の段階的な廃止を目的とした規定も含まれており、化石ガスの長期契約は2049年までとされる。また、石炭や炭素集約地域における再生可能ガスや低炭素ガス(特に水素)の普及促進を支援する規則も盛り込まれており、再生可能ガスや低炭素ガスに対する関税割引や、水素市場を支援する自主的なメカニズムの確立などが盛り込まれている。

本規則は公布後6ヵ月後に適用され、加盟国には2年内に国内法を新しい規定に適合させる必要がある。

【参照ページ】
(原文)Fit for 55: Council signs off on gas and hydrogen market package
(日本語参考訳)Fit for 55:EU理事会、ガス・水素市場パッケージに署名

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-12

    欧州監督機構、グリーンウォッシングに関する最終報告書を発表

    6月4日、ESMA(欧州証券市場監督機構)EBA(欧州銀行機構)・EIOPA(欧州保険・企業年金監…
  2. 2024-6-11

    H&M、SBTiの目標基準におけるカーボンオフセットの使用に懸念を表明

    6月5日、H&Mグループは、SBTi(Science Based Targets init…
  3. 2024-6-10

    アサヒ飲料、自動販売機で回収したCO2を道路材料に活用開始

    5月24日、アサヒ飲料は、前田道路株式会社と共同で、「CO2を食べる自販機(自動販売機の庫内に二酸…
ページ上部へ戻る