PRI、2024年版報告書フレームワーク公表

2月14日、国連責任投資原則(PRI)は、5月からの報告開始に向けて、PDFおよびDOCX形式の報告フレームワーク・モジュール、報告ガイダンス、簡易ロジックなど、いくつかの重要なリソースを公表した。

2024年度の報告フレームワークは、報告書をより柔軟なものにすると同時に、加盟者がより的を絞った方法で責任投資活動を展開・進展させるための「進展の道筋(Progression Pathways)」の開発作業と並行して、今後の方向性を決定。Progression Pathwaysの共同設計プロセスに参加し、意見を交換することを奨励する。

2023年に報告書を公表したほとんどの加盟組合に関しては、報告書の提出を任意とする。また、2023年PRIに加盟し、2024年が猶予期間となる加盟国についても、引き続き任意とする。「昨年報告したが、最低要件を満たしていない」「過去2年間にPRIに加盟したが、2023年に自主的な報告を完了しなかった、または個人的に完了したのみ」に該当する加盟国については、報告が義務付けられる。2023年と同様、ネット・ゼロ・アセット・マネジャー・イニシアチブの一員である加盟者は、PRIまたはCDPに自らのコミットメントを報告することが可能。サービス・プロバイダーについては、報告は保留されたままである。

また、2023年に報告書を提出したすべての加盟国に対し、自動事前記入が導入される。報告ツールの指標の約97%が事前入力され、加盟者は、2024年の報告書を提出する前に、ツール内の情報が正確かどうかを確認し、必要に応じて回答を修正する必要がある。

【参照ページ】
(原文)PRI reporting: 2024 Reporting Framework now available
(日本語参考訳)PRI、2024年版報告書フレームワーク公表

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  2. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…
  3. 2024-3-26

    【さくっと読める】ESGスコアとは。基本的知識を解説。

    今月から、サスティナビリティ情報開示で関心の高いテーマについて、さくっと読める解説コラムを発行して…

ピックアップ記事

  1. 2024-4-12

    BCG支援のVC、Bキャピタル、気候変動プラットフォームのリードへ向け新たな幹部を発表

    4月8日、マルチステージのベンチャー投資会社であるBキャピタルは、気候変動投資プラットフォームの拡…
  2. 日本、IFRSベースのサステナビリティ報告基準案を公表

    2024-4-11

    SSBJ(サステナビリティ基準委員会)、IFRSベースのサステナビリティ報告基準案を公表

    4月3日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)は、IFRS財団の国際サステナビリティ基準委員会(…
  3. 2024-4-11

    ブラックロック、ESG政策を理由に1.3兆円の資産売却を決定したテキサス州を「無謀」とし、再考を促す

    3月21日、ブラックロックは、テキサス州教育委員会がエネルギー企業への「ボイコット」とESG投資慣…

アーカイブ

ページ上部へ戻る