セージ・ジオシステムズ、新しい地熱エネルギー貯蔵プラントのために約25兆円を調達

セージ・ジオシステムズ、新しい地熱エネルギー貯蔵プラントのために約25兆円を調達

2月15日、クリーンエネルギー技術の新興企業であるセージ・ジオシステムズは、シリーズA資金調達ラウンドで1700万ドル(約25兆円)を調達したと発表した。

2020年に設立されたテキサス州ヒューストンを拠点とするセージ・ジオシステムズは、一般的に火山地域に限定されるか、深い掘削を必要とする地熱エネルギーを、より広く、手頃な価格で、既存の油田技術や設備を使用して経済的に掘削できる深さで利用できるようにするソリューションを開発している。同社の技術には、太陽光や風力などの再生可能エネルギー源と統合し、継続的で信頼性の高い電力供給を確保できる地熱エネルギー貯蔵ソリューション等がある。ベースロードの再生可能エネルギーを可能にするほか、地上の設置面積の低減、リチウムなどの材料に関する持続可能性の問題の回避、効率の向上、長期貯蔵能力など、現行の貯蔵ソリューションにはない利点がある。

新しい資金調達は、セージのGeopressured Geothermal System (GGS)技術に基づき、テキサス州に建設される3MWの商業施設EarthStoreに使用される。EarthStoreは、地下深くに貯蔵された加圧水からエネルギーを回収するもので、短期および長期のエネルギー貯蔵が可能で、風力や太陽光などの断続的な再生可能エネルギー源と組み合わせることができる。施設の建設は2024年第2四半期に開始され、2024年第4四半期の運転開始を目標としている。

今回の資金調達ラウンドは、チェサピーク・エナジー・コーポレーションが主導し、技術投資家のアーチ・メレディス、ヘリウム-3ベンチャーズの参加、既存投資家のヴィリヤLLC、ナバーズ・インダストリーズ・リミテッド、イグニス・エナジー・インクの支援を受けた。

【参照ページ】
(原文)SAGE GEOSYSTEMS RAISES $17 MILLION IN SERIES A, ANNOUNCES WORLD’S FIRST COMMERCIAL GEOPRESSURED GEOTHERMAL SYSTEM (GGS) FACILITY
(日本語参考訳)セージ・ジオシステムズがシリーズAで1700万ドルを調達、世界初の商業用地圧地熱システム(GGS)施設を発表

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  2. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…
  3. 2024-3-26

    【さくっと読める】ESGスコアとは。基本的知識を解説。

    今月から、サスティナビリティ情報開示で関心の高いテーマについて、さくっと読める解説コラムを発行して…

ピックアップ記事

  1. KKR、米国の再生可能エネルギー開発企業Avantusの過半数株式を取得

    2024-4-5

    KKR、米国の再生可能エネルギー開発企業Avantusの過半数株式を取得

    3月21日、代替資産およびプライベート・エクイティ投資家であるKKRは、米国の太陽光発電および蓄電…
  2. 2024-4-5

    経産省・国交省、秋田県八峰町及び能代市沖における洋上風力発電事業者を選定

    3月22日、経済産業省及び国土交通省は、再エネ海域利用法に基づく海洋再生可能エネルギー発電設備整備…
  3. 2024-4-5

    日産、2030年度までにEVコスト30%削減。ICE車と同等のコスト実現を目指す

    3月25日、日産自動車は、自社の価値と競争力を向上させる新たな経営計画「The Arc」を発表した…

アーカイブ

ページ上部へ戻る