Maersk、SBTi承認の気候目標を新たに設定

2月9日、総合コンテナ物流企業のA.P. Moller – Maerskは、2040年までにネット・ゼロを達成する目標を含むGHG排出目標と、事業とサプライチェーン全体で排出量を削減する一連の新たな目標が、科学的根拠に基づく目標イニシアティブ(SBTi)によって検証されたと発表した。

本発表によりMaerskは、2022年後半に発足したSBTiのMaritime Guidanceの下で気候目標を検証された最初の企業となり、海運セクターの企業が1.5℃に沿った科学的根拠に基づく近・長期目標を設定できるようにすることを目的としている。

2040年までにバリューチェーン全体でネット・ゼロを達成するというミッションに加え、Maerskの気候変動目標には、再生可能エネルギーの調達を100%にすること、2030年までにスコープ1と3の絶対排出量をそれぞれ35%と22%削減するという中間目標が含まれている。

Maerskは、自社事業における排出量削減の主な手段はグリーン燃料と燃料効率の改善であり、サプライチェーンにおける解決策にはサプライヤーとの関与と協力が必要であると述べた。Maerskはここ数年、グリーンメタノールで航行可能な船舶25隻の発注や、化石燃料で航行する既存のコンテナ船をメタノール燃料で航行する船舶に改造する業界初の試み、また複数の主要なグリーン燃料購入契約の締結など、グリーン燃料の使用を可能にするための一連の動きを発表してきた。

【参照ページ】
(原文)Maersk becomes first to have climate targets validated by SBTi under the new Maritime Guidance
(日本語参考訳)Maersk、SBTi承認の気候目標を新たに設定

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  2. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…
  3. 2024-3-26

    【さくっと読める】ESGスコアとは。基本的知識を解説。

    今月から、サスティナビリティ情報開示で関心の高いテーマについて、さくっと読める解説コラムを発行して…

ピックアップ記事

  1. 2024-4-12

    BCG支援のVC、Bキャピタル、気候変動プラットフォームのリードへ向け新たな幹部を発表

    4月8日、マルチステージのベンチャー投資会社であるBキャピタルは、気候変動投資プラットフォームの拡…
  2. 日本、IFRSベースのサステナビリティ報告基準案を公表

    2024-4-11

    SSBJ(サステナビリティ基準委員会)、IFRSベースのサステナビリティ報告基準案を公表

    4月3日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)は、IFRS財団の国際サステナビリティ基準委員会(…
  3. 2024-4-11

    ブラックロック、ESG政策を理由に1.3兆円の資産売却を決定したテキサス州を「無謀」とし、再考を促す

    3月21日、ブラックロックは、テキサス州教育委員会がエネルギー企業への「ボイコット」とESG投資慣…

アーカイブ

ページ上部へ戻る