EU、気候目標を達成するために炭素回収を大幅に強化する戦略を発表

EU、気候目標を達成するために炭素回収を大幅に強化する戦略を発表

2月6日、欧州委員会は、今後数年間でEU全域における産業用炭素回収・貯留・利用能力を大幅に増加させるための戦略を発表した。これは、2050年までにネット・ゼロを含む気候変動目標を達成するための計画の重要な部分を形成する。

欧州委員会は、EUの気候変動目標は主に絶対的な排出量の削減に焦点を当てたものであるとしながらも、その目標を達成するためには、CO2の回収、貯蔵、利用の能力を大幅に向上させることが必要であり、特に、脱炭素化が困難な産業プロセスや運輸、農業などの部門からの排出に対処することが必要であると指摘している。

具体的に欧州委員会は、2030年までに少なくとも年間5,000万トン(mtpa)のCO2貯留能力を開発することを提案しており、新戦略コミュニケーションでは、これを2040年までに2億8,000万トン、2050年までに4億5,000万トンへと大規模に拡大する必要があるとしている。

産業炭素管理は、化石燃料の燃焼、産業プロセス、生物起源排出物、あるいは大気からの直接回収を含む。欧州委員会の戦略は、このような技術の開発、およびそれを支える規制と投資の枠組みに重点を置いている。

新戦略は、貯留のためのCO2回収(CCS)、合成製品、化学物質、燃料における化石由来の炭素の代替としての利用のためのCO2回収(CCU)、永久貯留のための生物起源または大気中のCO2の大気からの除去を含む、3つの主要な技術的道筋に焦点を当てている。

また、CO2輸送インフラを、これらの各技術を実現する重要な手段として確立する必要性を強調しており、2030年までに必要なインフラは7,300km、投資額は120億ユーロ(約1.9兆円)以上と推定され、2040年には19,000km、160億ユーロ(約2.5兆円)に拡大すると予測している。

欧州委員会の戦略はまた、今後数十年間における産業炭素管理の3つの重要な段階を想定している。まず、2030年までに、関連するパイプライン、船舶、鉄道、道路のインフラとともに、少なくとも5,000万トン/年の貯留能力を導入し、ほとんどの地域の炭素バリューチェーンが経済的に成り立つようにする。そして2040年以降の最終段階では、産業炭素管理がEUの経済システムの不可欠な一部となり、大気から除去された炭素が炭素ベースの産業プロセスや輸送燃料の主な供給源となる。

CCS、CCU、炭素除去能力の開発を支援するための投資や政策を可能にすることを目的とした欧州委員会の戦略には、「CO2貯留候補地の投資アトラス」の作成を含む、CO2供給者と貯留事業者をマッチングするためのプラットフォームの開発、産業資源としての炭素の利用を取り込むための政策の開発、EU排出量取引制度(ETS)における炭素除去の計上の有無や方法を含む、産業炭素除去のためのメカニズムの支援といった計画も含まれている。

【参照ページ】
Commission sets out how to sustainably capture, store and use carbon to reach climate neutrality by 2050

関連記事

“ホワイトペーパーへのリンク"

おすすめ記事

  1. ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…
  2. CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    2024-5-7

    CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    CSRD(Corporate Sustainability Reporting Directive…
  3. ESG投資とは。改めて考える重要性とESG経営のメリット・今後の課題

    2024-4-30

    ESG投資とは。改めて考える重要性とESG経営のメリット・今後の課題

    ESG投資の流れは国内外において拡大を続けている分野であり、注目を集めている。投資家のニーズに応え…

ピックアップ記事

  1. 2024-7-11

    ISO、ネット・ゼロ達成に向けた国際基準策定開始

    6月27日、国際標準化機構(ISO)はネット・ゼロに向けた初の国際基準の策定を開始したことを発表し…
  2. 2024-7-10

    Accenture、ESGに関する新たなレポートを公表

    6月26日、Accentureは「ESGレポート:コンプライアンスから競争優位性へ」という新たなレ…
  3. 2024-7-9

    CO2 AI、大規模な製品のカーボンフットプリントを計算するソリューションを発表

    サステナビリティ・プラットフォーム提供会社のCO2 AI は、企業が製品のカーボンフットプリント(…
ページ上部へ戻る