Aristata Capital、ポジティブな社会的・環境的変化の推進に特化したインパクト訴訟ファンドの最終クロージングを完了

Aristata Capital、ポジティブな社会的・環境的変化の推進に特化したインパクト訴訟ファンドの最終クロージングを完了

7月7日、Aristata Capitalは、初のインパクト訴訟ファンドであるI LP (AILF I)の最終クロージングにおいて、約5,200万ポンド(約94億円)の資金を確保したことを発表した。

Aristataは社会・環境訴訟分野のパイオニアであり、商業訴訟資金調達にインパクト投資を導入し、社会・環境にポジティブでシステマティックな変化をもたらしながら、財務リターンを追求している。

同社は、投資家が伝統的な訴訟資金調達手法の商業的な厳格さと、社会的・環境的変化を促進する公益訴訟戦略の成功の両方を組み合わせることを可能にする、訴訟資金調達へのアプローチを提供している。また、人権、環境保護、気候変動、平等、先住民の権利、司法へのアクセス、その他様々な重要な原因分野を含む請求の世界的なポートフォリオを構築している。

Aristata Capitalの第一号ファンドは、カプリコン・インベストメント・グループのサステナブル・インベスターズ・ファンドとソロス経済開発ファンドによって運営されている。LPには、財団、インパクト・ファンド・オブ・ファンド、米国、英国、欧州、オーストラリアのファミリーオフィス、多数の富裕層が含まれる。

Aristata Capitalは、歴史的に社会から疎外されてきた人々の声に力を与え、不公正な力関係を均等化し、環境と地域社会を保護する制度改革を促進する法的訴訟に資金を提供することで、より安全で公平な世界の創造を目指している。Aristataの投資は、有害な商業活動によって影響を受けた個人やコミュニティ、その他の事業体に対する補償を確保すること、同様の訴訟の潜在的な影響力を解き放ち、スケーラビリティを提供すること、企業や業界に行動を変えるよう圧力をかける法的成果を生み出すことを目的としている。

【参照ページ】
Aristata Capital Completes 1st Closing of Impact Litigation Fund Dedicated to Driving Positive Social
and Environmental Change

関連記事

⾮財務情報を企業価値として評価する取り組み事例集へのリンク

ピックアップ記事

  1. ウォルマート、サプライチェーン排出量10億トン削減目標を2030年目標より6年前倒しで達成

    2024-2-28

    Walmart、サプライチェーン排出量10億トン削減目標を2030年目標より6年前倒しで達成

    2月21日、小売大手のWalmartは、製品サプライチェーン全体で温室効果ガス排出量を10億トン削…
  2. クリーンエネルギー・プロバイダーGeoPura、グリーン水素の普及加速のため約100億円を調達

    2024-2-28

    GeoPura、グリーン水素の普及加速のため約100億円を調達

    2月22日、クリーンエネルギー・プロバイダーのGeoPuraは、同社の発電技術の生産拡大と展開拡大…
  3. SIX、銀行が中小企業のサステナビリティを評価できるソリューションを発表

    2024-2-28

    SIX、銀行が中小企業のサステナビリティを評価できるソリューションを発表

    2月22日、金融市場インフラのプロバイダーであるSIXとサステナビリティ・レポーティング・ソフトウ…

アーカイブ

ページ上部へ戻る