WEF報告書:企業がエネルギー需要を削減するための取り組み

1月8日、世界経済フォーラム(WEF)は、エネルギー需要の変革イニシアティブと国際ビジネス委員会(IBC)により作成された新しい報告書を発表した。本報告書は、企業がエネルギー需要を削減するために必要な取り組みをまとめています。120以上の企業が参加するIBCは、エネルギー需要の3%を占める企業を代表している。

報告書は、2030年までに再生可能エネルギー容量を3倍にし、エネルギー効率を年率2倍に改善するというCOP28の目標に合わせて、企業がエネルギー需要の削減に焦点を当てる必要性を強調している。企業がエネルギー需要の削減に取り組むことで、世界全体で年間2兆米ドル(約285兆円)のコスト削減が可能であるとされている。

報告書では、以下3つのアクションレベルを提案している。

  1. 短期的な効果を獲得するための事業運営費(OPEX)の削減
  2. 中期的な施策として設備投資(CAPEX)の効率化
  3. 長期的なバリューチェーンにおけるコラボレーション

特に、OPEXとCAPEXの改善は即効性があり、新たな技術や外部資金に頼らずに実現できるとしている。報告書はまた、運輸、建設、産業セクターにおいて、エネルギー需要削減のためのアクションを具体的に提案している。

報告書は、エネルギー需要を削減する取り組みがまだ不足しており、ビジネスや二酸化炭素排出量削減に関する認識が低いことを指摘している。IBCに加盟するCEOの47%がエネルギー需要の削減に取り組む企業への支援が不足していると回答し、エネルギー効率向上のための啓蒙キャンペーンなどの政策が必要であると主張している。アジェンダは、2024年1月に開催されるダボス会議で議論される予定である。

【参照ページ】
(原文)Action on Energy Demand Could Boost Growth, Save Economies $2 Trillion a Year and Cut Greenhouse Gas Emissions, Say Global CEOs
(日本語参考訳)エネルギー需要への取り組みが成長を促進し、経済を年間2兆ドル節約し、温室効果ガス排出を削減する可能性があると世界のCEOが指摘

関連記事

“ホワイトペーパーへのリンク"

おすすめ記事

  1. ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…
  2. CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    2024-5-7

    CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    CSRD(Corporate Sustainability Reporting Directive…
  3. ESG投資とは。改めて考える重要性とESG経営のメリット・今後の課題

    2024-4-30

    ESG投資とは。改めて考える重要性とESG経営のメリット・今後の課題

    ESG投資の流れは国内外において拡大を続けている分野であり、注目を集めている。投資家のニーズに応え…

ピックアップ記事

  1. 2024-7-11

    ISO、ネット・ゼロ達成に向けた国際基準策定開始

    6月27日、国際標準化機構(ISO)はネット・ゼロに向けた初の国際基準の策定を開始したことを発表し…
  2. 2024-7-10

    Accenture、ESGに関する新たなレポートを公表

    6月26日、Accentureは「ESGレポート:コンプライアンスから競争優位性へ」という新たなレ…
  3. 2024-7-9

    CO2 AI、大規模な製品のカーボンフットプリントを計算するソリューションを発表

    サステナビリティ・プラットフォーム提供会社のCO2 AI は、企業が製品のカーボンフットプリント(…
ページ上部へ戻る