WEF報告書:企業がエネルギー需要を削減するための取り組み

1月8日、世界経済フォーラム(WEF)は、エネルギー需要の変革イニシアティブと国際ビジネス委員会(IBC)により作成された新しい報告書を発表した。本報告書は、企業がエネルギー需要を削減するために必要な取り組みをまとめています。120以上の企業が参加するIBCは、エネルギー需要の3%を占める企業を代表している。

報告書は、2030年までに再生可能エネルギー容量を3倍にし、エネルギー効率を年率2倍に改善するというCOP28の目標に合わせて、企業がエネルギー需要の削減に焦点を当てる必要性を強調している。企業がエネルギー需要の削減に取り組むことで、世界全体で年間2兆米ドル(約285兆円)のコスト削減が可能であるとされている。

報告書では、以下3つのアクションレベルを提案している。

  1. 短期的な効果を獲得するための事業運営費(OPEX)の削減
  2. 中期的な施策として設備投資(CAPEX)の効率化
  3. 長期的なバリューチェーンにおけるコラボレーション

特に、OPEXとCAPEXの改善は即効性があり、新たな技術や外部資金に頼らずに実現できるとしている。報告書はまた、運輸、建設、産業セクターにおいて、エネルギー需要削減のためのアクションを具体的に提案している。

報告書は、エネルギー需要を削減する取り組みがまだ不足しており、ビジネスや二酸化炭素排出量削減に関する認識が低いことを指摘している。IBCに加盟するCEOの47%がエネルギー需要の削減に取り組む企業への支援が不足していると回答し、エネルギー効率向上のための啓蒙キャンペーンなどの政策が必要であると主張している。アジェンダは、2024年1月に開催されるダボス会議で議論される予定である。

【参照ページ】
(原文)Action on Energy Demand Could Boost Growth, Save Economies $2 Trillion a Year and Cut Greenhouse Gas Emissions, Say Global CEOs
(日本語参考訳)エネルギー需要への取り組みが成長を促進し、経済を年間2兆ドル節約し、温室効果ガス排出を削減する可能性があると世界のCEOが指摘

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  2. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…
  3. 2024-3-26

    【さくっと読める】ESGスコアとは。基本的知識を解説。

    今月から、サスティナビリティ情報開示で関心の高いテーマについて、さくっと読める解説コラムを発行して…

ピックアップ記事

  1. KKR、米国の再生可能エネルギー開発企業Avantusの過半数株式を取得

    2024-4-5

    KKR、米国の再生可能エネルギー開発企業Avantusの過半数株式を取得

    3月21日、代替資産およびプライベート・エクイティ投資家であるKKRは、米国の太陽光発電および蓄電…
  2. 2024-4-5

    経産省・国交省、秋田県八峰町及び能代市沖における洋上風力発電事業者を選定

    3月22日、経済産業省及び国土交通省は、再エネ海域利用法に基づく海洋再生可能エネルギー発電設備整備…
  3. 2024-4-5

    日産、2030年度までにEVコスト30%削減。ICE車と同等のコスト実現を目指す

    3月25日、日産自動車は、自社の価値と競争力を向上させる新たな経営計画「The Arc」を発表した…

アーカイブ

ページ上部へ戻る