Pattern Energy、米国の大規模クリーンエネルギープロジェクト向けに約1.5兆円の融資を完了

パターン・エナジー、米国の大規模クリーン・エネルギー・プロジェクト向けに約1.5兆円の融資を完了

12月27日、再生可能エネルギー・インフラ開発・運営会社のPattern Energyは、88億ドル(約1.2兆円)のグリーンローンと22.5億ドル(約3,181億円)のタックス・エクイティ・ターム・ローンから成る110億ドル(約1.5兆円)の資金を確保し、同社が「米国史上最大のクリーンエネルギー・インフラ・プロジェクト」と評するサンジア風力・送電プロジェクトの建設を開始したと発表した。

2009年にサンフランシスコに設立されたPattern Energyは、風力、太陽光、送電、エネルギー貯蔵プロジェクトを開発・運営しており、米国、カナダ、日本、メキシコで6GWの再生可能エネルギー容量からなる35施設の運営ポートフォリオと、25GWのグローバル開発ポートフォリオを有している。

ニューメキシコ州中部に位置するサンジア風力プロジェクトは、年間120万世帯分の電力に相当する350万kW以上の再生可能エネルギーを発電すると見込まれている。サンジア送電プロジェクトは、ニューメキシコ州とアリゾナ州中南部間の525マイルの高圧直流送電線で構成される。同プロジェクトは2026年に商業運転を開始する予定である。

グリーンローン融資パッケージには、建設ローンと信用状が統合されたファシリティ、2つの独立したターム・ファシリティ、営業段階の信用状ファシリティと持ち株会社ローン・ファシリティが含まれる。協調主幹事団は、BNPパリバ、クレディ・アグリコル、ソシエテ・ジェネラル、ウェルズ・ファーゴ、三井住友銀行など、北米、欧州、日本を拠点とする銀行15行で構成された。タックス・エクイティ・タームローンは、Banco SantanderとSantander Bank N.A.が共同主幹事、Bank of America、GE Vernova、Natixis、Royal Bank of Canadaが共同主幹事となった。この資金調達には、野村證券とCPPインベストメンツによる、プロジェクトの初期資本を支援するための持株会社ファシリティも含まれていた。

【参照ページ】
(原文)Pattern Energy Closes $11 Billion Financing of Largest Clean Energy Infrastructure Project in U.S. History
(日本語参考訳)パターン・エナジー、米国史上最大のクリーンエネルギー・インフラ・プロジェクトで110億ドルの融資を完了

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  2. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…
  3. 2024-3-26

    【さくっと読める】ESGスコアとは。基本的知識を解説。

    今月から、サスティナビリティ情報開示で関心の高いテーマについて、さくっと読める解説コラムを発行して…

ピックアップ記事

  1. 2024-4-18

    オーストラリア裁判所、グリーンウォッシュ訴訟でバンガードに有罪判決

    3月28日、オーストラリアの連邦裁判所は、バンガード・インベストメンツ・オーストラリアが、同社のE…
  2. 上場企業の40%以上がスコープ3排出量の報告を開始

    2024-4-15

    上場企業の40%以上がスコープ3排出量の報告を開始

    4月に発表した、投資データ・リサーチプロバイダーであるMSCIの新しいレポートによると、世界の上場…
  3. SBTi、ネット・ゼロ目標における炭素クレジットの役割拡大を認める

    2024-4-15

    SBTi、ネット・ゼロ目標における炭素クレジットの役割拡大を認める

    4月9日、科学的根拠に基づく目標設定イニシアティブ(SBTi)は、企業の環境持続可能な行動を気候変…

アーカイブ

ページ上部へ戻る