TotalEnergies、電力事業強化のための新興企業買収を相次いで発表

トータルエナジー、電力事業強化のための新興企業買収を相次いで発表

12月12日、フランスを拠点とするエネルギー大手TotalEnergiesは、電力事業の発展を加速させ、2050年までにネット・ゼロを達成するという同社の野望を支援することを目的とした、新興企業の一連の買収を発表した。

各企業はTotalEnergiesのオンアクセラレータープログラムに参加し、電力・再生可能エネルギー分野の新企業の開発を支援することを目的とし、特にデジタルソリューションに重点を置き、電力バリューチェーン全体のソリューションを提供する企業を対象としている。

TotalEnergiesによると、これらの新興企業との協業やテストにおけるプログラムの成功により、同社はこれらの企業の買収と協業した事業部門への統合を交渉することになった。

買収されたのは、エネルギー・ポートフォリオ管理SaaSプラットフォームのDsflow、再生可能プロジェクト最適化ソフトウェア・プラットフォームのNASH Renewables、AI主導の予測分析会社のPredictive Layerなどである。

TotalEnergiesによると、Dsflowは同社のマルチサイト、電力集約型のB2B顧客に、リアルタイムで資産をパイロットし、調達戦略を最適化するプラットフォームを提供する、 一方、NASH Renewablesは、プロジェクトの地理的特性が市場価格に与える影響を考慮することで、TotalEnergiesが収益性を向上させることを可能にし、Predictive Layerは、エネルギー価格の予測や、需要、供給、生産、非商品取引のその他のオーダーメイドの予測モデリングに焦点を当てた新興企業の機械学習と人工知能ソリューションを内部化することで、同社が取引業務のパフォーマンスを向上させることを可能にすると期待されている。

TotalEnergiesは、小規模なB2B顧客向けにフランスでのEV充電ポイントの展開を促進・加速することを目的とした新興企業Time2plugの株式の過半数を取得する。Time2plugは、顧客が即座に見積もりを取得し、認定された社内設置業者ネットワークを利用できるマーケットプレイスを提供している。

2022年5月の開始以来、TotalEnergies Onは2回の6ヶ月のセッションで19のスタートアップ企業を支援しており、現在第3期生を迎えている。

【参照ページ】
(原文)TotalEnergies Acquires several Start-ups in the Electricity Business
(日本語参考訳)トタルエナジーズ社、電力事業の新興企業数社を買収

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  2. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…
  3. 2024-3-26

    【さくっと読める】ESGスコアとは。基本的知識を解説。

    今月から、サスティナビリティ情報開示で関心の高いテーマについて、さくっと読める解説コラムを発行して…

ピックアップ記事

  1. 2024-4-12

    BCG支援のVC、Bキャピタル、気候変動プラットフォームのリードへ向け新たな幹部を発表

    4月8日、マルチステージのベンチャー投資会社であるBキャピタルは、気候変動投資プラットフォームの拡…
  2. 日本、IFRSベースのサステナビリティ報告基準案を公表

    2024-4-11

    SSBJ(サステナビリティ基準委員会)、IFRSベースのサステナビリティ報告基準案を公表

    4月3日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)は、IFRS財団の国際サステナビリティ基準委員会(…
  3. 2024-4-11

    ブラックロック、ESG政策を理由に1.3兆円の資産売却を決定したテキサス州を「無謀」とし、再考を促す

    3月21日、ブラックロックは、テキサス州教育委員会がエネルギー企業への「ボイコット」とESG投資慣…

アーカイブ

ページ上部へ戻る