テラスコープ、森林・土地・農業の排出量を測定・管理するソリューションを発表

テラスコープ、森林・土地・農業の排出量を測定・管理するソリューションを発表

12月11日、気候テックの新興企業テラスコープは、森林・土地・農業(FLAG)排出量の測定・管理を可能にすることを目的とした、企業向け脱炭素化プラットフォームの新モジュールを発表した。

森林・土地・農業セクターは、世界の温室効果ガス(GHG)排出量の中で、エネルギーセクターに次ぐ最も大きな排出源のひとつであり、気候変動への影響に対処するのが最も困難な分野のひとつである。食品と農業のバリューチェーンは、世界の排出量の約3分の1を占めており、主に森林伐採、土地利用の変化、農業慣行などの上流の活動が原因となっている。

シンガポールを拠点とするテラスコープは2022年に設立され、企業がスコープ1、スコープ2、スコープ3の排出量を測定・削減できるようにすることを目的とした、AIを活用した脱炭素化プラットフォームを提供している。

テラスコープによると、新しいモジュールはFLAGスクリーニングから始まり、FLAGエクスポージャーと科学的根拠に基づくFLAG目標の必要性を判断するために、企業の業務とバリューチェーンモデルをレビューし、これらの目標が必要な企業に測定ツールを提供する。

テラスコープは、そのアプローチには科学的根拠に基づく目標イニシアティブ(SBTi)への準拠が含まれ、土地セクターの除去量に関する新しいGHGプロトコルに沿ったもので、新しいモジュールにより、企業は長期および短期の脱炭素化計画とともに、SBTiに沿ったFLAG目標を設定することができると述べた。

FLAGモジュールは、炭素隔離や土地管理の改善を含む脱炭素化イニシアティブを測定するために企業が使用できる。

【参照ページ】
(原文)Decarbonising Land-Intensive Sectors: Terrascope’s New FLAG Module
(日本語参考訳)土地集約型セクターの脱炭素化: テラスコープの新しいFLAGモジュール

関連記事

“ホワイトペーパーへのリンク"

おすすめ記事

  1. ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…
  2. CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    2024-5-7

    CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    CSRD(Corporate Sustainability Reporting Directive…
  3. ESG投資とは。改めて考える重要性とESG経営のメリット・今後の課題

    2024-4-30

    ESG投資とは。改めて考える重要性とESG経営のメリット・今後の課題

    ESG投資の流れは国内外において拡大を続けている分野であり、注目を集めている。投資家のニーズに応え…

ピックアップ記事

  1. 2024-7-11

    ISO、ネット・ゼロ達成に向けた国際基準策定開始

    6月27日、国際標準化機構(ISO)はネット・ゼロに向けた初の国際基準の策定を開始したことを発表し…
  2. 2024-7-10

    Accenture、ESGに関する新たなレポートを公表

    6月26日、Accentureは「ESGレポート:コンプライアンスから競争優位性へ」という新たなレ…
  3. 2024-7-9

    CO2 AI、大規模な製品のカーボンフットプリントを計算するソリューションを発表

    サステナビリティ・プラットフォーム提供会社のCO2 AI は、企業が製品のカーボンフットプリント(…
ページ上部へ戻る