ソフトウェア開発企業Globant、新たなグローバルESG戦略を発表

 

2月17日、グローバルなソフトウェア開発企業であるGlobantは、一連の新たなグローバルESG戦略を発表した。 本目標は、”デジタル節制 “によって顧客が数百万トンの排出を回避可能にする取り組みなどを含む。

2020年に開始したGlobantのグローバルESG戦略「Be Kind」は、主要ステークホルダーに対するプログラムを統合し、多様性・公平性と包括性・気候変動・AIにおける倫理などの問題に取り組むためのイニシアティブを提供する。本イニシアティブの4つの主要な柱は、”Be Kind to Yourself” “Be Kind to your Peers” “Be Kind to the Planet” “Be Kind to Humanity “である。

Be Kindイニシアティブの主な目標は、2025年までに女性とノンバイナリー*の管理職を50%にすることやSBTiに沿ったカーボンニュートラルの実現、職場における健康増進などを含む。

本発表では、2025年までの15,000人へのコーディング奨学金提供や、2030年までの1,000万トンのCO2削減などを新たな目標に掲げている。

*自分の性認識が男女という性別のどちらにもはっきりと当てはまらないという考えを持つ人

【参照ページ】
(原文)Globant Expands Its ESG Commitments With New Goals for its Be Kind Program
(日本語訳)Globant、グローバルESG戦略の新目標を発表

関連記事

ESG開示に関する上場企業100社比較データへのリンク

ピックアップ記事

  1. 2022-5-25

    WBA、日本企業の人権に関するパフォーマンスを分析

    5月17日、ビジネスにおけるSDGs推進国際NGOのWorld Benchmarking Alli…
  2. 2022-5-25

    東京証券取引所、9月からカーボン・クレジット試行取引を開始

    5月16日、株式会社日本取引所グループ(JPX)は、経済産業省が実施する委託事業「令和3年度補正カ…
  3. 海

    2022-5-25

    UNEP、海洋石油・ガスの探査・生産に伴う財務リスクと環境影響に関するレポート発行

    5月、国連環境計画(UNEP)は、 海洋石油・ガスの探査・生産に伴う財務リスクと環境影響を分析した…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る