英公的年金LGPS Central、ネット・ゼロ投資戦略を始動

10月16日、英公的年金基金LGPS Centaralは、資金調達排出量のネット・ゼロ戦略を発表した。本発表は、上場株式、社債、ソブリン債、不動産について、2050年またはそれ以前にスコープ1および2の炭素換算排出量(CO2e)ネット・ゼロを達成するという2022年初めのコミットメントに基づく。上場株式と社債については、2030年までにファイナンス排出量を50%削減することも含まれている。

本戦略は、気候変動に関する機関投資家グループ(IIGCC)が策定したネット・ゼロ投資フレームワークに基づいて構築された。国連におけるネット・ゼロ資産所有者連合が提供する目標設定プロトコルを含む多くの業界ガイダンス文書も参照している。

目標選定のマイルストーンとなったのは、2025年までに、既存の気候リスク・モニタリング・サービスに、民間市場の資産のカーボンフットプリントを追加するという野心であった。本目標を達成することで、2026年にはプール資産全体の資金調達による排出量を追跡できるようになる。カーボンフットプリントは、公的・私的市場双方において、スチュワードシップ・プログラムの投資先企業を選定する際にも重要な考慮事項となる。

【参照ページ】
(原文)Net Zero Strategy Launch
(日本語参考訳)英公的年金LGPS Central、ネット・ゼロ投資戦略を始動

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-8

    IBM、ESGデータプラットフォームにCSRD対応機能を追加

    4月30日、IBMは、ESGデータの収集、分析、報告プ​​ラットフォーム「IBM Envizi」の…
  2. 2024-5-8

    IFRS、EFRAG、ISSB/CSRD報告基準に双方に対応する企業向けガイダンスを発行

    5月2日、IFRS財団と欧州財務報告諮問グループ(EFRAG)は、ESRS-ISSB基準の相互に共…
  3. 2024-5-7

    CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    CSRD(Corporate Sustainability Reporting Directive…
ページ上部へ戻る