NGFS、自然関連金融リスクの概念フレームワークを発表

9月7日、気候変動リスク等に係る金融当局ネットワーク(Network for Greening the Financial System;NGFS)は、中央銀行と金融監督当局による政策と行動の指針となる、自然関連金融リスクに関する概念フレームワークのベータ版を発表した。

本フレームワークは、中央銀行や金融監督当局が自然関連金融リスクの評価や対処に関連する複雑さや課題に対処できるよう、科学的根拠に基づく共通の理解や共通言語を生み出すことを目的としている。

NGFSは、独立環境シンクタンクInternational Network for Sustainable Financial Policy Insights, Research, and Exchange(INSPIRE)と合同で、生物多様性と金融安定化に関する研究を進めてきた。本発表によると、この概念フレームワークはこれまでの作業を基礎として、気候変動とより広範な自然関連リスクの統合的評価に向けた重要な一歩を描いている。 本書の目的は以下の通り。

i) 自然関連の金融リスクと、これらのリスクの高度な理解に必要な関連概念を定義する。

ii) 中央銀行や監督当局が自然関連金融リスクを特定・評価するのに役立つ枠組みを提供する。原則に基づくリスク評価の枠組みは、「物理的・移行的リスクの発生源の特定」、「経済的リスクの評価」、「金融システムへのリスク、金融システムからのリスク、金融システム内のリスクの評価」の3段階で実施する。

iii) モデリングとデータのギャップを埋めること(特に自然関連シナリオの策定)、および環境サステナビリティに関する政策の整合性を支援し、自然関連金融リスクの評価に情報を提供するために新たなデータセットを利用することを含め、NGFSタスクフォースがとるべき次のステップの概要を示す。

環境悪化と気候変動という2つの危機の重要性が世界的に認識されつつある中、NGFSは、NGFS全体で自然関連リスクの検討を主流化し、中央銀行や監督当局の作業を支援してきた。概念フレームワークの公表は、2022年初頭に発足した「生物多様性損失と自然関連リスクに関するNGFSタスクフォース」に続くものである。

【参照ページ】
(原文)NGFS publishes Conceptual Framework for Nature-related Financial Risks at launch event in Paris
(日本語参考訳)NGFS、自然関連金融リスクの概念フレームワークを発表

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-17

    カリフォルニア州、化石燃料大手5社にグリーンウォッシュ関連訴訟で修正訴状、利益返還の要求

    6月10日、サンフランシスコ - カリフォルニア州司法長官ロブ・ボンタは、世界最大の化石燃料企業5…
  2. 2024-6-5

    一般社団法人サステナブルコミュニティ設立3周年イベントを開催【イベントレポート】

    2024年5月25日、サステナブルコミュニティの3周年イベントがTKP東京駅カンファレンスセンター…
  3. 2024-6-4

    エナジー・キャピタル・パートナーズ、合計67億ドルを調達と発表

    5月28日、エネルギー転換・脱炭素インフラへの投資会社であるエナジー・キャピタル・パートナーズ(E…
ページ上部へ戻る