CULT Food ScienceとUmami Bioworks、養殖魚を使用した猫用おやつを発売

8月17日、細胞農業に特化した投資プラットフォームであるCULT Food Science(CSE: CULT)は、養殖魚会社のUmami Bioworksと提携して開発した新しい細胞養殖ペットフードブランド、Marina Catを発表した。Marina Catは、商業漁業が環境に与える有害な影響を排除し、魚の栄養的利点を備えた環境に優しい製品を提供することを目指している。

Marina Catの最初の製品は、持続可能な方法で生産された養殖鯛と、猫の免疫システムを高めるBmmuneと呼ばれる栄養酵母成分をブレンドしたものと説明されている。さらに、このおやつにはオメガ3とオメガ6、9種類の脂肪酸、認知機能、視力、神経系の発達を促進するDHAとEPAが含まれている。

新製品は今年後半から製造が開始され、2024年までに購入できるようになる予定だと、 CULT Food Scienceは言う。

【参照ページ】
(原文)CULT Food Science and Umami Bioworks Reveal World’s First Cat Treat with Cell-Cultivated Fish
(日本語訳)CULT Food ScienceとUmami Bioworks、世界初の細胞培養魚入り猫用おやつを発表

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-21

    人口戦略会議、全国の地方自治体の「持続可能性」について分析

    4月22日、民間団体・人口戦略会議は「地方自治体「持続可能性」分析レポート」を公表。昨年12月に公…
  2. 2024-5-21

    金融庁、主要国のサステナビリティ情報の開示・保証について報告書を発表

    4月17日、金融庁は「主要国のサステナビリティ情報等の開示・保証の動向に関する調査」をEY新日本有…
  3. 2024-5-16

    CEO半数以上がサステナビリティの優先順位が高いと回答(EY調査)

    5月7日、EYの調査によるとサステナビリティと気候変動に関する課題は、グローバルの経営層の間で再び…
ページ上部へ戻る