カリフォルニア州、トラックのEV転換における無料支援プログラムを開始

8月7日、米カリフォルニア州大気資源局(CARB)と運輸NGOのCALSTARTは、中型・大型車の所有者および運転者によるゼロ・エミッション移行を支援する無料プログラム「Cal Fleet Advisor」を開始した。現在、プログラムの申請を受け付けている。

CARBは4月、「アドバンスド・クリーン・フリート規則」を承認した。これは、2045年までに州内を走行するトラックを完全にゼロ・エミッション技術に移行させるというギャビン・ニューサム州知事の目標を達成するため、段階的な移行を実施するものである。新規則では、現在ゼロ・エミッション技術が利用可能な一部の車種は2024年までに移行を開始しなければならない。その他の車種については、期限はより遅くなり、必要なゼロ・エミッションのマイルストーンを達成するために車両全体の何割かを移行させるオプションもある。

本プログラムは、資金援助やその他の支援に関する情報の入手を含め、要件を理解し満たすための個別ガイダンスを提供するために開始された。プログラム参加者は、担当のプログラム専門家を通じて支援を受けられる。この専門家は、質問やニーズに対する窓口として機能し、車両所有者や単一事業者のために承認された技術や資金調達オプションに関する情報を提供する個別の行動計画を含む。

本プログラムは、中小企業や独立したオーナー・オペレーターを優先し、政府の支援プログラムへのアクセスが困難な地域社会に重点を置く。ゼロ・エミッションへの移行は2024年に開始される予定である。その他のサービスとしては、必要に応じて書類の追跡調査や渉外サポートが提供される。

【参照ページ】
(原文)CARB launches new program to help truck owner-operators transition to zero-emissions vehicles
(日本語訳)カリフォルニア州、トラックのEV転換における無料支援プログラムを開始

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-12

    欧州監督機構、グリーンウォッシングに関する最終報告書を発表

    6月4日、ESMA(欧州証券市場監督機構)EBA(欧州銀行機構)・EIOPA(欧州保険・企業年金監…
  2. 2024-6-11

    H&M、SBTiの目標基準におけるカーボンオフセットの使用に懸念を表明

    6月5日、H&Mグループは、SBTi(Science Based Targets init…
  3. 2024-6-10

    アサヒ飲料、自動販売機で回収したCO2を道路材料に活用開始

    5月24日、アサヒ飲料は、前田道路株式会社と共同で、「CO2を食べる自販機(自動販売機の庫内に二酸…
ページ上部へ戻る