セインズベリー、ステーキ肉製品に段ボール製トレーを導入、年間1,000万個以上のプラスチックを節約

7月5日、英小売大手セインズベリーは、プライベートブランドのステーキ肉製品からプラスチックトレイを廃止し、段ボールトレイに置き換えたと発表した。本変更により、トレー1枚当たりのプラスチック使用量が70%削減され、毎年249トンのプラスチックが節約されることになる。

新しいトレイは、同シリーズの10品目で導入され、7月5日から全店舗とオンラインで販売された。トレーは、家庭でリサイクルすることも可能で、段ボールを水洗いしてから、カーブサイドのリサイクルボックスに入れる。

セインズベリーは以前にも、「Taste the Difference」と「So Organic steaks」と呼ばれる商品にも段ボールトレイ包装を導入している。

本発表は、小売業者によるパッケージに関する一連の変更の中で最新のものである。2023年4月、同社は丸鶏のトレーレスを実施し、今年初めにはバナナ製品全体からビニール袋を撤去、192トンのプラスチックを削減した。セインズベリーは英国で初めて、自社ブランドの液体洗濯洗剤シリーズに段ボールカートンを導入し、年間22トンのプラスチックの削減にも成功している。

【参照ページ】
(原文)Sainsbury’s introduces cardboard trays to its by Sainsbury’s steaks, saving over 10 million pieces of plastic each year
(日本語訳)セインズベリー、ステーキ肉製品に段ボール製トレーを導入、年間1,000万個以上のプラスチックを節約

関連記事

⾮財務情報を企業価値として評価する取り組み事例集へのリンク

ピックアップ記事

  1. ウォルマート、サプライチェーン排出量10億トン削減目標を2030年目標より6年前倒しで達成

    2024-2-28

    Walmart、サプライチェーン排出量10億トン削減目標を2030年目標より6年前倒しで達成

    2月21日、小売大手のWalmartは、製品サプライチェーン全体で温室効果ガス排出量を10億トン削…
  2. クリーンエネルギー・プロバイダーGeoPura、グリーン水素の普及加速のため約100億円を調達

    2024-2-28

    GeoPura、グリーン水素の普及加速のため約100億円を調達

    2月22日、クリーンエネルギー・プロバイダーのGeoPuraは、同社の発電技術の生産拡大と展開拡大…
  3. SIX、銀行が中小企業のサステナビリティを評価できるソリューションを発表

    2024-2-28

    SIX、銀行が中小企業のサステナビリティを評価できるソリューションを発表

    2月22日、金融市場インフラのプロバイダーであるSIXとサステナビリティ・レポーティング・ソフトウ…

アーカイブ

ページ上部へ戻る