ローマ航空、気候目標に関連した約620億円の社債を発行

ローマ航空、気候目標に関連した約620億円の社債を発行

7月4日、ローマ・フィウミチーノ空港とチャンピーノ空港を管理・開発するローマ航空(ADR)は、10年4億ユーロ(約620億円)のサステナビリティ連動債(SLB)の発行を完了したと発表した。

本債券は、ADRが2021年に発行した空港運営会社による世界初のSLBと、2020年に発行した第1回グリーンボンドに続くものである。今回の発行により、同グループのサステナブル債のシェアは60%を超えた。

ADRは2022年に最新のサステナビリティ連動融資フレームワークを発表し、サステナビリティ連動発行で使用される主要業績評価指標(KPI)とサステナビリティ業績目標(SPT)、および負債コストのステップアップを引き起こすトリガーイベントの概要を示した。

新規発行の下で発行される債券は、3つのSPTの達成に基づき金利がステップアップする。このSPTには、スコープ1および2の絶対排出量を2019年を基準として2030年までに100%削減すること、2030年の見直し時に空港炭素認証レベル4+を維持すること、旅客1人当たりのスコープ3排出量(航空機からの排出を除く)を2019年比で2030年までに30%削減することが含まれる。

クーポンのステップアップは、1つのSPTが満たされなかった場合は年率20bp、2つのSPTが満たされなかった場合は30bp、3つのSPTがすべて満たされなかった場合は40bpとなり、3つの金利期間にわたって最大120bpの累積ステップアップとなる。

ADRによると、この募集に対する需要は旺盛で、特に「ESG」を専門とする投資運用会社から大きな国際的関心を集めた。募集は5倍近い申し込み超過となり、19億ユーロ(約2,950億円)の注文が集まり、その95%が海外投資家からのものだった。

サステナビリティ連動債は、サステナブル・ファイナンスの中でも急成長している分野のひとつで、発行体の特定のサステナビリティ目標達成度に連動した利払いなどの特徴を持つ。サステナビリティ連動債は、調達資金を一般的な企業目的に使用できる柔軟性があるため、企業の関心が急速に高まった。一方、グリーンボンドなどでは、調達資金は特定のカテゴリーのグリーン・プロジェクトにしか割り当てられない。

ムーディーズ・インベスターズ・サービスは、発行体のSLB目標の信頼性と堅牢性に対する市場の監視が強まったことや、同セクターがハイイールド債発行へのエクスポージャーを高めていることなどを要因として挙げている。

【参照ページ】
(原文)ADR: NEW SUSTAINABILITY-LINKED BOND FOR €400 MILLION SUCCESSFULLY PLACED AND TENDER OFFER LAUNCHED ON A BOND MATURING IN 2027
(日本語参考訳)ローマ航空、気候目標に関連した4億ユーロの社債を発行

関連記事

“ホワイトペーパーへのリンク"

おすすめ記事

  1. ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…
  2. CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    2024-5-7

    CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    CSRD(Corporate Sustainability Reporting Directive…
  3. ESG投資とは。改めて考える重要性とESG経営のメリット・今後の課題

    2024-4-30

    ESG投資とは。改めて考える重要性とESG経営のメリット・今後の課題

    ESG投資の流れは国内外において拡大を続けている分野であり、注目を集めている。投資家のニーズに応え…

ピックアップ記事

  1. 2024-7-11

    ISO、ネット・ゼロ達成に向けた国際基準策定開始

    6月27日、国際標準化機構(ISO)はネット・ゼロに向けた初の国際基準の策定を開始したことを発表し…
  2. 2024-7-10

    Accenture、ESGに関する新たなレポートを公表

    6月26日、Accentureは「ESGレポート:コンプライアンスから競争優位性へ」という新たなレ…
  3. 2024-7-9

    CO2 AI、大規模な製品のカーボンフットプリントを計算するソリューションを発表

    サステナビリティ・プラットフォーム提供会社のCO2 AI は、企業が製品のカーボンフットプリント(…
ページ上部へ戻る